FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ここ数年間の中で
私の中での変化の一つ

前までは何事においても詳細なことまで把握していたいと思っていた
自信が無かったから 
不安に駆られるから

把握することで安心したかったのだろう
特に曖昧で抽象的な感情とかに対しては
把握したところで結局は安心は得られなかった

こういう経験値が貯まってきたからだろうか
結局は体験した事実だけが残る
そうなると詳細の意味が薄れ
または意味がないことも

同じような考えに至った登場人物が出ている映画を見た
「ある男」
戸籍を偽った男を愛した女性がそうだ
どのような過去があったとしても
ただ愛し合った事実だけは変わらない

私の中にも「ある男」がいる
きっと小さなことでも 私は「ある女」かもしれない
誰かは誰かの「ある人」かもしれない

ただ私が感じた事実の部分だけは残るもの
そう思いたいし
そうだと思う


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


ランチの最中
空いていた隣の席に年配の夫婦が座った
メニューを持つ左手には銀色に鈍く光るリング
細くなく太すぎない 華美ではなく シンプル
彼らにとても似合っている
今までの彼らの時間がそうさせたのか
微笑ましく思えた

かつて私にも銀色に光るリングがあった
記憶のカケラが…

昔は婚約指輪と結婚指輪を買い求めることが多かった
当時の私には婚約指輪の必要性を感じず
結婚指輪だけにした

結婚式の儀式にてお互いに付けていたが
帰宅すると
「俺 指輪つけるタイプじゃないから 箱に戻しておいて」と
たった一回装着しただけ 箱の中に戻った
私は一年間付けていたが 色々なことがあって
虚しさも感じ 私も結婚指輪を外して箱の中へ

結婚指輪がどうこうではない
日々の忙しさから目を即けていた
自覚のない感情が行動に出ていたのだろう

かなりの時間が経った今
素敵な時間を過ごされた ご夫婦を見ると
その手元の証拠の印が

ふと 自分の手を見るが 何もない
仕方がないのだけれど
きっとこれからも…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


また言えなかった
言おうと決めていたのに…

本当に些細なことなんだけど
私自身の浅ましい部分がブレーキをかける
周りに理想的な人たちがいるとなおさらだ

あぁ迷惑をかけてしまうと咄嗟に思うと
笑ってしまうほど不自然な行動になる
人との距離感が難しく感じる
一番大切なのに
一番ぎこちない

誰もいなければ
ほんの少しだけまともに

いつも反省はするが
先には一歩も進んでいない
反省の意味がない

歳を経ればますます拗れているよう
とても簡単な事が
言えなかった


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


この時代に花を咲かせたかった
私自身の

そう思ったのは
隣に私が一番嫌いなタイプの人が座った
よく訪れる店で
直接は話したことがないが
私にとって見聞きする言動が見るに耐えない人だ
とても嫌な記憶のカケラがあふれ出した


アラフィフの私にとって若い時は生きにくかった
女性は容姿端麗でないと
女性扱い いや 人として扱われなかった
少なくても 私の周りでは

皆と同じようでないと
つまりは流行に乗っていないと変人扱い

25歳も過ぎると結婚相手もいないのか?
「行き遅れになるぞ」など大きなお世話なことを言う人が増える
社会通念もそうだった
心の中ではいつも 私の勝手でしょ…

いつも男女の不平等は普通だった
女性はか弱いから男性が守ってやっているんだよと言う年上の人たち
お金や地位で容姿端麗の女性を我がものにしようと躍起
一歩下がって見ていると実に滑稽だった

全ての人がそうではないが
圧倒的に男性は一流会社に入り 綺麗な奥さんと一戸建てに住み高級車所有
女性は専業主婦になって 良い生活を 
毎年海外旅行に行き家族で過ごす
そして他の人から羨ましいと思われたい

でも彼らも思う通りにいかないと
彼らの対象にならない私の様なものに毒を吐く
今では全てがセクシャルやハラスメントの言葉たち
社会通念がそうだったから
話をしている相手が同性だろうが異性だろうが
一人の人間としてみていない様に感じる
昔の私も仕方がないと我慢をしていた
これって実は怖いことだった
一種の洗脳に近いものだったのかもしれない

今はその考え方がおかしいという社会通念になった
私より年上の人たちは社会から どう見られるかと言う部分については敏感だ
どの世代も一緒かもしれないね
気をつけて発言しているのだけれど
本音が時折出てしまうことも

今の若い人は敏感だ
と言うか今までが鈍感すぎたのかもしれない

私より年下の人と話すことが多くなっている
それは悪い意味での昔の人を自然に避けているからなんだろう
防衛本能だろうね


あぁ気分が悪い
最近は堪え性が無くなったせいか
すぐに店を後にした

今だったら…
こんなに傷付かずに済んでいたのだろうか
過ぎ去ってしまったことに想いを馳せても仕方がないのは知っているのに…

でも今だったらと
思ってしまうんだよね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


久しぶりに書きたくなった
前回から様々な映画を観てきたが
私的にはとてもしっくりとしたという表現が近い

「ちょっと思い出しただけ」
ある元恋人同士だった二人の現在から
出会った時のとある決まった1日の思い出が描かれている
楽しかったり
悩んでいたり
その時その時の状況が羅列の様に描かれている

人によっては見づらいのかもしれない
時系列を中心的に見ると
でも脇を固めてくれる方々がとても良く
時の流れを把握しやすい
タクシー
飼い猫
バー
ミュージシャン
妻を待つ男

恋人との上手くいっている時ほど
何でもないたわいない会話が多く楽しい
二人にしか分からない感覚的な会話
心地良いものだったなぁと思い出させてもらった
別れ間際にはこれらの会話は
「ちゃんとした会話らしいことはしてこなかったよね」
否定的になってしまう

出会って好きになって
あんなにも相手の好きなところを
いっぱい浮かんでいるのに
上手く言えない
「言えるうちに言っておいた方がいいですよ」というアドバイスで
言ってしまったら今の関係が壊れてしまうかも…
そんな臆病な部分を壊したあの日

ぽつりぽつりととある1日の思い出が引き出され
また別れた二人が引き寄せられていくのかどうか
見た人のお楽しみ

この映画を見て感じることは
それぞれ違う感想だろうね
でもどんな部分にグッときたのか
話を聞いてみたくなるようだった
あなたは?ってね

私も良く記憶のカケラが出てくるが
最近はご無沙汰気味だった
あまりに思い出しすぎていると
今の状態もカケラ化するのが早くなってしまうのではないかと
不安になっていたから

あぁ この事もいつかは
ちょっと思い出しただけになってしまうのかな…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2022 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
アラフィフ女性
人生を振り返り、終活活動を模索中。
独りよがりなことをつぶやいています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR