過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ちょっと前の親友との会話
「やっと 女性として戻ってきた感じだね」と言われた
「私はずっと性別は女だよ」
「そうじゃないよ 気持ちなど総合的なものだよ」
「世間からしたら もう女性扱いはされてはいないからね
 足掻いている痛いおばさんとして見られているだけかもね」
「おばさん 結構じゃない 
 だって日本人の1/4は老人なんだよ
 それに比べれば おばさんはまだまだって事になるんだよ」
会話の相手の親友には老人世代の彼氏がいる だからかもね
私の生活の環境は比較的若い人が多い
こんなにも環境によって見方が違う

「これからどうしたいの 女性として?」
「もう若い子のように恋に恋する歳でもないし 
 でも一人は寂しいし… 
 一緒にいて落ち着ける人
 でも 少しドキドキもしたい…
 パートナーみたいな関係の人が欲しいなぁ」
「うん 変わってきたね いいよ
 でも ドキドキしすぎると心臓に負担くるからね
 気をつけなきゃね(笑)」
「そうだね ほどほどがいいのかもね(笑)」

自分で出た言葉
「パートナー」
意味は様々ありすぎる
でも固いイメージがないのは私だけだろうか
恋人や配偶者と言うよりはフランクな感じ
締め付け感がなく思う

こう思うようになったのは今だからだろうね
若い時には思えなかった
自分中心的な考えが強くなる 独占欲など
とても普通な事なんだけど…

自分は自分 なのだから 相手も相手
そう別のものという当たり前の事に時間がかかったのかも
だからこそ歩み寄ろうという気持ち
重要なんだと
結婚相手とはこの事ができなかった
だから諦めたんだ

歩み寄ってみたいと思える関係性が
私が思うパートナーなのかなぁ
今現在ではね
また 変わるかもしれない
自分がまだわからないから…

でもきっと パートナーがいれば
楽しいだろうね
残りの人生も…

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


外は猛暑
必要がない限り外に出ない
家の中で引きこもっている

一人でいると家事は楽で すぐ終わる
だから時間が余る
白昼夢のようなだらっとした時間の中
過去の自分たちが思い出されてくる
呼んでもいないのに…

ふと 言われて嬉しかったこととは?
そうすると 嬉しかった事たちが
走馬灯のように出てくる
その中で引っかかたもの
『おいで』
それは優しく言われること
言われ方は様々
「こっちへ おいで」
「ここへおいで」
時には手を差し伸べられたり
来て欲しいところを指差したりと色々

言葉としては何気ないものだと思う
だけどその時は 必要とされていることに
嬉しく思うからかもしれない

自分が親になって
幼い子供に『おいで』を多く言うようになった
両手を広げると 走って体当たりしてきたり
手を差し出すと 握りしめてきてくれる
言う方も嬉しいものなんだと実感した
今は言う事がなくなってきてしまったが…

随分と久しく言われていないし 言っていない
とても寂しくなった
嬉しい事が今はない事に…

また 優しく誰かに
『おいで』
と言われたいなぁ…

まぁ 無理なんだろうけどね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近 時々陥る 感情
『自分がわからない…』

今までの経験や人との出会いによって
私が形成されているのだれど
ある程度 自分ってこんなものだろうと思っていた
だけど 違う部分が出てくる
特に考え方や興味について
新たに または 埋もれていたものが露見してくる

単純に流れやすいだけなのか?
 少し違うかもしれない
わがままなだけ?
 近いかもしれない
どうしたいの?
 自分でもわからなくなってきた…

今は時間があることで
自分自身について見つめなおしたり
このブログもそうだけど客観視していることが
かなり影響しているみたいだ

決して嫌ではない
ただ 溢れ出てくるものに
今の自分が対応できていない

できるものやできないもの
相談できるもの 相談できないもの
多種多様すぎる

これからも増えそうで怖い
私って 何なんだろう
本当にわからない

暇なのがいけないのかもね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


以前 私が幼い頃
親の背中に安心感を得ていたことを

くっつきたいの
http://hanayuki2017.jp/blog-entry-250.html
で紹介いたしました

実際 ある方の背中にくっついてみた
何度もお会いしているから
元々 安心感はある
背中にピタっとくっついてみると
ますます安心感が増していった
なんなんだろう ホッとする感じ
その方が醸し出すものかもしれない

とても心地がいいものだった
しばらくの間
背中にくっつかせてもらった

いろんな思いが出てきた
安心感だけではなく
懐かしい思い
そう 幼い子供を後ろから抱きしめている時など
母性的なものまで
様々な思いが湧き出てきた

抱きつく
抱きつかれる
原始的な行動は他の動物にも見られる
見守り
守られるといったもの同じように感じる

だから安心感や母性的な感情が出てくるのかも
幸福感を得ることができました
私だけなのかもしれませんね

だからなのか ここ最近は抱き枕と供に
寝ているのです
よく眠れますよ
本当は枕じゃなくて
人だといいのですけどね…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私のパソコンがクラッシュした
仕事用のものが…

大部分はバックアップしていたが
修理依頼
保証期間は過ぎていたので
ものすごい金額になった
(私が想像していたものより)

無事 データは回復してもらったが
こんなに費用がかかるとは思ってもみなかった
本体は使い物にならなくなった
あぁ 被害が大きすぎて
立ち直れなさそう…

たかがデータと侮っていた
私への天罰なんだろうか


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR