FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


仕事の出先から戻る途中
昔懐かしい駅にて乗り換えをした
目的方面の地下鉄がホームへ
ちょっと冷えてきた空気とともに
私の目の前を通った

一瞬の出来事
記憶のカケラたちが胸に突き刺さった
目頭が熱くなった

年を負う毎に感情が表に出やすくなっている
咄嗟にベンチを探した
すぐそばのベンチに座った

そう ここで四半世紀以上前に初めての告白して
その後の返事をもらった場所
細かな物は変わったがホーム自体は変わっていなかった
そんな記憶のカケラが突き刺さった
それも過去の出来事が
今時分の頃だったからかもしれない
告白した相手に未練はないが
その時の自分がいた

若い私は勇気を出して頑張っている
それに比べて 今の私は…

特に若い時は
いつか とか 年が経てば
見えない先の時間に
いい意味の期待をしていた
きっといい事があると…
待っているはずだと…

そう思っていた私というカケラが
突き刺さり 見られている気がした
『どうなの? 幸せなの?』って問われている
人生色々あるから…なんて言い訳できない
返答できない自分が悲しくて 悔しくて
目頭が熱くなった

2,3本の地下鉄を見送り
少し落ち着いた
仕事に戻った
ざわざわした心のまま

家に帰ると
一気にざわざわが疲れとなってきた
そのまま倒れこむように眠ってしまった

恥の多い生涯を送って来ました。と始まる太宰治の人間失格
私はどうだろう?
言い訳の多い生涯を送ってきました。となりそうだ
ごめん 昔の私


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


仕事が忙しかった
ただ時間に追われているだけなら  まだよかった

人に教える  とても重労働なんです
私にとってはね
相手がやる気がなく
できれば面倒だから 
私が代わりにすればいいのにと思っている
そんな感情が言葉や態度に
棘のように現れてくる
気づかないふりをしながら
対応する私
疲れたよ

帰り道 可愛らしいバギーを押す老婦人
突然 ミャ〜 っという鳴き声
思わず振り向いた
老婦人はバギーの幌をとって見せてくれた
丸々とした猫がいた
「触れてもいいですか?」と聞くと
「どうぞ触れてあげて」と言ってくれた
柔らかく 少し重みを感じる
この重みとても癒される
私が癒されているのを感じているのか
私にされる事におとなしくしている猫
目を細めてこちらに顔を向けている
本当に短い時間に癒された
老婦人に「とても癒されましたありがとうございます」と言うと
「この子もいい顔してますね
 こちらこそありがとうございますね」と言ってくれた

さっきまでの刺々しい感情が和らいだ
触れ合う事での癒し
やっぱり重要だよね
改めて感じて 帰宅した

お風呂に入りながら
今 誰と触れ合いたいか考えたら
あの人だった
これは内緒…

お風呂から出てきて携帯を見ると
メールが来ていた
嬉しかった

珍しく  いい日だった


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


朝が辛くなってきた
さっきまで暖かくて気持ちがいい空間
ベッドの中でゴロゴロ
きっと楽しかった夢だったかもしれない
微睡んでいる意識の中
心地がいい
そこからのちょっと冷えた現実へ

辛くなってきた
心地いいところから出るのって…
ずっとこのままでいたい
時間とにらめっこ

仕方がないと諦めて
気持ちよかったベッドから出る
出たくなかったと心は後ろ髪引かれる思いのまま
朝食を作る

作りながらふと思う
いいなぁと思う時に限って
あっという間に過ぎ去っていく
時間というものが邪魔をする
無限にあればいいのにと
相変わらずの自己中心的な発想が出てくる
そしてずっといい状態のままでいたい
出たくない
と思ってしまう

現実には無理な事 
考えている自分に笑いながら
朝食を食べる
ふぅ〜と言いながらも
今日という1日が始まる

与えてもらった生きる糧となる
その日まで
とにかく頑張らないと…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近は秋が進み
日が落ちた後の気温の低下と
乾いた風が強いような気がする
紅葉前の葉たちが落ちて舞う
視覚にも感覚的にも
教えてくれる

体感した秋は
私の体を介して心にも伝える
私ってこんなにデリケートだった?
いや 忙しくしていたから気づかなかっただけ?
多分そう…

暗くなった人工的に作られた緑の中
私は歩いている
周りには犬たちを散歩させている人が多い
犬が私に近ずくと飼い主さんがリードを引く
「すいません」と言いながら
「いいえ 大丈夫ですよ」と私

ベンチに座ってどんよりとした雲の流れを見ていると
体が冷たくなる感じがする
ずっといたら 風邪をひいてしまう
すぐに歩き始める
ふと見上げた先には監視カメラ
私の今の行動どう映っているのだろう
怪しい人だろうなぁと思ったら
笑えてきた
もっと怪しくなった(笑)

大きな組織の中にいると私と同じ末端の立場の者は
よく忘れ去られる 
重要ではない事をわかっている
でも改めて知らされると
やっぱり嫌だね
存在の無視? いや存在すら知られていない事
悲しくなる 
そんな思いを今日も感じたから…

指先のじわじわした痛み
怪我したから仕方がないけど
これも嫌だ
私の体の神経を伝って痛みを教える
わかっているよ もういいよ
でもすぐには治らない
神経伝達を止めたくなる

そうか 心身の様々なシグナル伝わらなければ
辛くならない そんなネガティブな発想へと導く
そう体が冷たくなれば神経伝達も鈍くなる
感情も鈍くなる
辛い事からの回避
よくない回避だと知っている

今は寒くなってきている
心も体も冷えるには丁度いい
だから 歩いているのかもしれない

かなり体が冷たくなってきた
お家へ帰ろう


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近は仕事中ずっと眼鏡をかけている
好きでかけているわけではない
視力的な問題が出てきたから…
仕方がない

久しぶりの人と会うと
「どうしたの イメチェン?」とか言われる
「今更 そんなはずないよ」と笑って返す
最近ちょくちょく会う人などからは
「眼鏡率上がりましたね でもよくお似合いですよ」
と言ってくれる
なんだか気を使わせているようで 申し訳なく思う

まだ慣れない
自分の見える視野の隅に
フレームがある事に
今までは何もなかったから
特に気になってしまう
集中している時は視野が狭くなって気にならない
でも 漠然的に広範囲を見ようとすると気になる
もう 少し慣れたら気にならなくなるのかなぁ

眼鏡はかけている人の所作によっては
フェチな部分がある私
でも 自分がかけているとわからないものです
やっぱり 他の人だからなんでしょうね

レンズ越しの世界が長くなってきた
でも物の見え方ははっきりとしてきたが
見方は変わってる?
どうなんだろうか?
良くなっている?
悪くなっているのだろうか?
わからない
悪くなっていなければ 良いのだけれど…

心の目まではどうなんだろうか
こればかりは測定できないから
心配になってきた
私の見えている世界
ピントがずれている?
大丈夫?
あぁ 不安という霞がかかっているみたい

誰か矯正してほしいなぁ
あはは 無理な話だったね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR