FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ちょっと前にある方と
ピアノがあるバーで飲んだ
相手の方がバーボンを注文した
私も同じものを頂いた

やっぱり 美味しい
懐かしい感覚に包まれながら
楽しい会話の一時を過ごした

帰りのタクシーの中で
どれ位振りだったのだろう…
バーボンを飲むのはと思った
そこで出てきた記憶のカケラ

昔々のこと
初めてバーボンというものを知ったのは
19歳の時だった
正確には飲んではいない

元彼はバーボンが好きだった
学生だったこともあって手に入りやすい
バラの模様や杖を持った男性やJIM ◯◯◯◯などの
メーカーを飲んでいた
美味しそうに飲んでいるので
「飲みたいなぁ」 と言うと
「ダメだよ 20歳になってからね」 と言われた
当時は今ほどダメだと言われてはいなかったけど
元彼はすごくこだわっていた

私が不貞腐れていると
元彼が手招きした
「おいで」
「なに?」 と不貞腐れている私
彼はバーボンのロックを一口飲んだ
そして私を抱き寄せ
キスをしてきた
舌で私の口をこじ開けて
私の舌を絡ませてきた
その時に彼が直前に飲んだ
バーボンの独特な香り
甘みを持ったスモーキーな味が
そして後からいつものタバコの香りも一緒に
彼のキスから伝わってきた

「今はこれで我慢しろよな」 とほくそ笑む
私は彼のキスなのか彼越しのバーボンの所為なのか
ぼうっとしてしまった
「もしかして酔った?」 と慌てる彼
「今に酔っているの」 と言うと
「びっくりさせるなよ もうっ!」
「ごめんね…  また欲しいなぁ」 と言うと
「キスだけじゃ終われないよ いいの?」 とほくそ笑む
「うん」 と言うと
バーボンのキスをしてくれた
そして官能的な時間へ落ちていった

という記憶のカケラが出てきた
そんなことを思い出していたら家に着いた
素直に寝れないかも…
その通りの夜だった

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR