過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ちょっと前の親友との会話
「やっと 女性として戻ってきた感じだね」と言われた
「私はずっと性別は女だよ」
「そうじゃないよ 気持ちなど総合的なものだよ」
「世間からしたら もう女性扱いはされてはいないからね
 足掻いている痛いおばさんとして見られているだけかもね」
「おばさん 結構じゃない 
 だって日本人の1/4は老人なんだよ
 それに比べれば おばさんはまだまだって事になるんだよ」
会話の相手の親友には老人世代の彼氏がいる だからかもね
私の生活の環境は比較的若い人が多い
こんなにも環境によって見方が違う

「これからどうしたいの 女性として?」
「もう若い子のように恋に恋する歳でもないし 
 でも一人は寂しいし… 
 一緒にいて落ち着ける人
 でも 少しドキドキもしたい…
 パートナーみたいな関係の人が欲しいなぁ」
「うん 変わってきたね いいよ
 でも ドキドキしすぎると心臓に負担くるからね
 気をつけなきゃね(笑)」
「そうだね ほどほどがいいのかもね(笑)」

自分で出た言葉
「パートナー」
意味は様々ありすぎる
でも固いイメージがないのは私だけだろうか
恋人や配偶者と言うよりはフランクな感じ
締め付け感がなく思う

こう思うようになったのは今だからだろうね
若い時には思えなかった
自分中心的な考えが強くなる 独占欲など
とても普通な事なんだけど…

自分は自分 なのだから 相手も相手
そう別のものという当たり前の事に時間がかかったのかも
だからこそ歩み寄ろうという気持ち
重要なんだと
結婚相手とはこの事ができなかった
だから諦めたんだ

歩み寄ってみたいと思える関係性が
私が思うパートナーなのかなぁ
今現在ではね
また 変わるかもしれない
自分がまだわからないから…

でもきっと パートナーがいれば
楽しいだろうね
残りの人生も…

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


外は猛暑
必要がない限り外に出ない
家の中で引きこもっている

一人でいると家事は楽で すぐ終わる
だから時間が余る
白昼夢のようなだらっとした時間の中
過去の自分たちが思い出されてくる
呼んでもいないのに…

ふと 言われて嬉しかったこととは?
そうすると 嬉しかった事たちが
走馬灯のように出てくる
その中で引っかかたもの
『おいで』
それは優しく言われること
言われ方は様々
「こっちへ おいで」
「ここへおいで」
時には手を差し伸べられたり
来て欲しいところを指差したりと色々

言葉としては何気ないものだと思う
だけどその時は 必要とされていることに
嬉しく思うからかもしれない

自分が親になって
幼い子供に『おいで』を多く言うようになった
両手を広げると 走って体当たりしてきたり
手を差し出すと 握りしめてきてくれる
言う方も嬉しいものなんだと実感した
今は言う事がなくなってきてしまったが…

随分と久しく言われていないし 言っていない
とても寂しくなった
嬉しい事が今はない事に…

また 優しく誰かに
『おいで』
と言われたいなぁ…

まぁ 無理なんだろうけどね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


最近 時々陥る 感情
『自分がわからない…』

今までの経験や人との出会いによって
私が形成されているのだれど
ある程度 自分ってこんなものだろうと思っていた
だけど 違う部分が出てくる
特に考え方や興味について
新たに または 埋もれていたものが露見してくる

単純に流れやすいだけなのか?
 少し違うかもしれない
わがままなだけ?
 近いかもしれない
どうしたいの?
 自分でもわからなくなってきた…

今は時間があることで
自分自身について見つめなおしたり
このブログもそうだけど客観視していることが
かなり影響しているみたいだ

決して嫌ではない
ただ 溢れ出てくるものに
今の自分が対応できていない

できるものやできないもの
相談できるもの 相談できないもの
多種多様すぎる

これからも増えそうで怖い
私って 何なんだろう
本当にわからない

暇なのがいけないのかもね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


以前 私が幼い頃
親の背中に安心感を得ていたことを

くっつきたいの
http://hanayuki2017.jp/blog-entry-250.html
で紹介いたしました

実際 ある方の背中にくっついてみた
何度もお会いしているから
元々 安心感はある
背中にピタっとくっついてみると
ますます安心感が増していった
なんなんだろう ホッとする感じ
その方が醸し出すものかもしれない

とても心地がいいものだった
しばらくの間
背中にくっつかせてもらった

いろんな思いが出てきた
安心感だけではなく
懐かしい思い
そう 幼い子供を後ろから抱きしめている時など
母性的なものまで
様々な思いが湧き出てきた

抱きつく
抱きつかれる
原始的な行動は他の動物にも見られる
見守り
守られるといったもの同じように感じる

だから安心感や母性的な感情が出てくるのかも
幸福感を得ることができました
私だけなのかもしれませんね

だからなのか ここ最近は抱き枕と供に
寝ているのです
よく眠れますよ
本当は枕じゃなくて
人だといいのですけどね…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私のパソコンがクラッシュした
仕事用のものが…

大部分はバックアップしていたが
修理依頼
保証期間は過ぎていたので
ものすごい金額になった
(私が想像していたものより)

無事 データは回復してもらったが
こんなに費用がかかるとは思ってもみなかった
本体は使い物にならなくなった
あぁ 被害が大きすぎて
立ち直れなさそう…

たかがデータと侮っていた
私への天罰なんだろうか


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


夏休み期間が始まりましたね
お子さんのいる家庭では大変でしょう
お察し致します

そんな私も子育て中は
子供を連れて 海や山などに旅行していました
どうしてもつきまとうのは日焼け
避けられません
絶えず 体に日焼けの跡があったものです

最近 周りの人から
「色が白くていいですね!」と言われた
誰のこと言っているのだろうと思っていたら
私に対してだった
白い?  今まで縁がなかったキーワード

家に帰って鏡で体を見てみると
確かに 半袖焼けや水着の跡がない
白いといえば白い
でも白さの中に細かいシミたち
昔の日焼けの名残がいる
仕方がない

ここ3年ほど夏休みは
日焼けするようなことには行っていない
だからなのかもしれない
普段も生地の薄い長袖を着て
日傘をさしているせいなのか?
美白に専念しているわけでもない
けど思いの外焼けていない
代謝が落ちたことによる血行不良?
肌の色が落ちてきて
細かいシミとなった

この歳だと色白でも意味がない
他の方は言われると嬉しいのかなぁ
私は別に思わないけど…
『色白は七難隠す』と言われるが
私の七難は色白ごときでは隠せないからね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私は多くの年齢を重ねてきているが
今頃になって
成熟していないことを再確認している
世間からはいい大人なのにと…

素直になるということ
私が素直になるとわがまま状態になる
「甘えん坊ですね」と言われた時
あぁ しっくりとくる言葉と思った

どうやら 私は素直になるということ
間違えているのだろうか
幼い頃から あまり素直になったことがないから
わからない

年齢的にはわがままを受け入れて当たり前
つい最近までは子育てで受け入れていた立場にいた
今更 わがままになっていること自体どうかと思われる
当然だと思う

幼児化?
う〜ん そうなのかなぁ
よく考えると「〜坊」という表現
私によく当てはまっていることに気づく
甘えん坊
食いしん坊
忘れん坊
怒りん坊
(暴れん坊?)
成熟していないことが露見した

そして今更ではなく 
ずっと成熟していなかったと…

このまま成熟せずに枯れていきそうです


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


久々に昼間からのパーティに参加した
明るい空の下
やっぱり似合うお酒は
シャンパンやビールだと思う
グラスに炭酸の泡がキラキラして
パーティに華を添える
という言い訳をしながら楽しんだ

皆 会場まで暑い中移動してきたせいか
早速の1杯目の空くのが早かった
冷たく 心地いい
炭酸の刺激に清涼感を感じホッとした
昼間なので前菜と共に
軽い感じで楽しんだ

今回はシャンパンがメインで提供される
私にとってはこの上もない
普段飲めないヴィンテージ物もいただけた
ヴィンテージ物でなくても十分美味しいのだが
飲み比べると やっぱり違う
香りの芳醇さ まろやかさ
うん 高いだけあると思った 
個性が出ていると思う

食事をしながらだと また変わってくる
この前菜にはこっちの方が
チーズにはこっち
お肉にはこっちが合う
なんて楽しんでシャンパンを飲み進めていた
本当に美味しくて
楽しい!

飲み比べ
いけない飲み方(笑)
軽くフルボトル以上は飲んでいる
普段の私にはないこと
飲みすぎている
もう若い時ほど飲めないのに…

家についてホッとしたせいか
お腹が空いた
これも飲みすぎのせい?
お茶漬けを食べて
日本人でよかったと訳のわからないことを思った

やっぱり飲みすぎているので
むくんでいる私の体
ベッドで寝ていると
やっぱりきた  こむら返り!!
私の中では飲みすぎた時の天罰と思っている
痛みにもがき苦しみながら
「これから 気をつけます」と誰に言う訳でもないが
そうか 自分自身にだね

久々に飲みすぎてしまった
いけない いけない
もう体は若くないのだから…

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


『ごめんね』
この言葉 無意識に言っている
回数も多く言っている
それも大切にしたいと思う人達に…

もちろん 詫びの気持ちもあるのだけど
加えて ありがとうの気持ちもあるんだよね

私がよく言ってしまうこと
「今日はごめんね」
翻訳すると
「今日はありがとう 嬉しいよ
 でも私のために申し訳ない気持ちでいっぱいなんだ」
という感情が入っているんだよね

素直じゃない? 
複雑な私の感情表現
不器用すぎる? 
言葉の選択
直したいけど
ふと出てしまう

どうすればいいんだろう
これだけ長い時間 
こじらせたままの私
解決が見つからない? 
いや あるんだけど
できない?
言えないんだ
慣れていないから
こじらせ者が 
思い悩んでいるだけ
進歩ができないんだ…

弱いから
逃げているから
嫌われたくないから
大切にしたいから
この言葉になってしまうのだろうね
『ごめんね』

成長していない
残念な私

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本格的な夏の暑さが続いている
これからもしばらく続く
だって 夏だからね

暑さがこもる体 汗ばむ体 
体温調整のため
恒常性を保つためにも必要なこと
わかっているけど 不快だ

でも嫌ではない汗があることを知っている
あの人が私に触れるたびに帯びる熱さ
どうしてなんだろう

水面に落とされた小石によって起こる
波紋のように続いていく
熱さも同様に
意識と体がいい意味で分離されていく

意識では会うたびに不安が取り除かれていく
私のままでいることを受け入れてくれているから
安心感 それだけではない 
広い意味で好きだから 
好きでなければ心を開けない 私の場合はね
そして私のあらゆる感情を引き出してくれる
楽しい 
嬉しい 
心地いい
母性的なものも 
そして私は癒されている

体は感覚が鋭く 敏感になっているのが
恥ずかしいくらいにわかる
激しい運動しているわけではないのに
呼吸が乱れる
ただ触れているという
肌の接触現象なのに…
たわいもないことのはずなのに

癒されているのに
体はジム終わりのように汗だくに
相反する現象
我に戻ってから気がつく
意識と体の反応に驚く
こんな私がいることを

しばらくしてから
体の奥底にある鈍い熱さが…
この熱さは不思議なことに
感情を持っている
嬉しさ
寂しさ
色々な相反するものを持っている

そんな熱いものを私に与えて
あの人は去るの
次に会えるまで
この熱さが残る
ずるい男(ひと)

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR