FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


今までの私の人生の中では
こんなにも変化に富んだ1年はなかったと思う
意識的な部分が大きいかも…
行動もそうかもね

一部だけど試したり
経験値も増えたしね
がむしゃらにやってきた部分もある
解決できていないものも…
悔いが残るものも…
時間のなさが焦りになっていたから…

色々と試みてきたからこそ
必要なものだけにしてみよう という選択
そう思えるようになってきた

何をどうしようか 
何が優先順位が高いのか
何が必須なものなのか
何を切り捨てるのか

心の中の鏡に問いかけている
煩悩の塊が多すぎて
話がまとまらない(笑)

でもこういった見直しは必要かもね
しっかりしていない私にはね
いつもどんぶり勘定だからね
ちゃんとしないとね
面倒くさがらずにしなくちゃ

時間があるから
よく考えなくてはいけないね
頑張って
見直しの時期にしよう!


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


まだまだ日中は眩しい日差しを感じる
でも空気が徐々に変わりつつある
酷暑だったからなおのこと
変化を感じる

日没後 つい今までは
セミの鳴き声だった
そして秋の虫たちの音へ変わってきている
同じ羽を震わせているだけなのにね
全く音色が違う
気温も下がりつつあるが
秋の虫たちにもよってもより感じるようになった
つい最近はトンボを見かけた
自然は着実に変化していることを感じる

朝晩の気温差がでてきた
なかなか適応できなくなってきた私の体
心地いい感じになったのだけれど…
酷暑の疲れもあるのか
ちょっとバテているせいか
ストレスもそうかもね
風邪気味になった
早く治さないと

天気予報を見ると台風が…
台風による短期的変化の天気
落ち着かないね
気象病も発症しそう
憂鬱だなぁ

でも気温が下がり
少しは湿度も下がり
過ごしやすくなることは嬉しい

秋を感じはじめた
だけど私自身が変わるには
しがらみや規制などが許してくれない
季節が変わるように
自然の流れで生きていきたいだけなのになぁ…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


世の中には不思議なことに
あまり失敗をせずに過ごしている人がいる
仕事も私生活も
それはその人自身が思っていることだけなんだけどね

厄介なことに 自信家であることが多い
だって失敗していないから…
自分のしてきたことが全て正しいってね
他から見て失敗と思っても
その人は認めていないので失敗していないのだ

そして無駄が大嫌い
というより自分の思ったスケジュール通りでないと
無意味と思うそうだ

こういった方とのコミュニケーションはとても難しい
もはやコミュニケーションではない
命令 管理といったものになる
でも他の人の手前も考える
一見 物腰柔らかそうに見えて違うことが多々

そう失敗しない人は
周りにいた失敗した人を観察している
自分が失敗しないようにと
でも自己中心的なのであからさまなんだけどね
だって成果主義のこのご時世だから

そして失敗しなかった手順やルールがとても重要
それから少しでもずれることも許さない
きっとずれたら失敗するかもしれないからね
失敗しそうになると そう他の人の責任らしいね
責任追及が始まる 
正しく指導しなければならないってね

頭や心にも 力が入ってカチコチなんだろうね
失敗したというレッテルから防御するために
だって失敗したことがないのだから…
その人の人生の汚点になるからね
なんだか かわいそうな人

厄介なので関わりたくないと思っていても
仕事ではそうも言ってられない
会社あっての自分なのに…
そこは忘れているんだよね
でも こんな人多すぎるよ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ある新たな挑戦をしてみようと試みた
問い合わせの電話
相手も私も話が進む
いい感じの声色だった

ところが年齢を聞かれた
素直に年齢を答えた
言った途端に声色が豹変した
口調も…
話を終えるようにたたみかけてきた

ショックだった
年齢を言っただけで
それも正直に言っただけなのに
それは私側の言い分だけど…

あからさまな対応の変化
そんなにおかしなことだったのだろうか
それとも私の選択ミスだったのだろうか
家の中で一人 不貞腐れてしまった

時間はみんな平等に過ぎ去っていくものだし
偽れないものだと思っている
他の要因ならまだしも
年齢だけって…
どうすることもできないものだからこそ
落ち込んでしまった
「自分の年齢わかってるの?」って
叩きつけられたようだった

もう この新たな挑戦はやめよう
絶対に良いことはないし
拒絶されたと同じことって
知らされたのだから…

私の世間的感覚がおかしいのかもしれないね
かなり 凹んでしまった
挑戦はやはり若い内のものなんだね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


無意識の中で
物事に集中している時
よくしている表情がある

アヒルのような口
アヒル口と言うみたいだけど
私は昔から
ドナル◯ダックみたいだと
言われてきた
幼い頃から
親にも変な癖だから気をつけなさいと
よく言われたものでした

つい 口先に力が入ってしまうらしい…
決して 可愛いものではないけどね (笑)
若くて 美人な方なら 可愛くなるのだろうね

学生時代に言われたことがある
友人たちと試験勉強中に
「欲求不満なの?」
「何が?」
「キスしたそうな口しているよ」
「えっ!?」
そんな感情になっていないのに…

昔付き合っていた人からは
「口がドナル◯ダックの時は
 集中している時か怒っている時だよね」
と言われたことがあった
半分は当たっている
怒っている時はきっと…
口をもっと尖らせているのかもね

同じ癖でも捉えられ方が様々
表情に出る癖はダメだね
親が言っていたように気をつけないと思っているが
こればかりは なかなか難しい

未だに直っていないんだもの
あっ 今もなっていた(笑)


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


先日のこと
異性の友人たちとの飲み会
数ヶ月ぶりだった
色々な近況報告
健康や子供のことなど様々
私は彼らより先にライフイベントが終わっている

そして必ず聞くのは
「奥さんは元気?」
そして必ず私は彼らにいう言葉がある
「今があるのは 家で頑張っている
 奥さんのお陰なんだからね 
 感謝しなさいよね!!」
お節介な言葉を言う

絶対 男同士の会話には出てこない
だからあえて 私は毎回のように言う
でも 一番欲しかったのは昔の私かも…
だから 私のように彼らの奥さんたちにはなってほしくない

今回は私は全てではないが
今の状況を話してみた
異性として 友人たちとして
どう思われるのだろうか心配した

ある友人は
「いつもながら◯◯さんの行動力には
 驚かされるけど よく決断と行動したね
 俺的には良いことだと思うよ
 頑張って羽ばたきなよ 蝶みたいにさ」
「蝶って!? 私なら蛾だよ!」って言ったら
「良いんだよ! なんなら夜の蝶にでもなってみれば!?」
みんなで大爆笑!!
嬉しかった 否定されることはなかった
逆に頑張れと 後押ししてくれた
「益々 誘いやすくなったよ 
 心配するな ◯◯さんの分ぐらいなら いつでも奢ってやるよ!」
「えぇ〜 本当! 嬉しいなぁ」
そう言ってくれる気持ちだけで十分嬉しかった

人数は少ないけど 
縁があって続いている異性の友人たち
私は友人に恵まれていることに再認識した

とても楽しい時間を過ごした
また数ヶ月後に会うことを約束して別れた
私らしく生活していることを
報告できたら良いなぁ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今現在の自分は
過去の自分で出来上がっている
いい意味でも 悪い意味でも

生きてきた時間の中
どれくらいの人とすれ違ってきたんだろう…
私という人として認識してくれて
私も相手のことを認識しているという間柄

出会って 別れたり
会う回数は減っても友達のままでとか
関係性や時間はまちまちだけど
私の人生に何かしらの点を与えてくれる
多かれ少なかれ接点をね

毎日な生活の中で
夥しい人とすれ違っているけど
こういった接点を持つ人は皆無

接点をお互い持つ中でも
より私に影響を与えている人
私の人生に交差する点を与えてくれる
私の主観的な見方からだけどね

新たな価値観などを与えてくれる
私はそれを取り込み自分というものに交じらせる
そういった点が多いことに気づく
嫌じゃないよ
だって自分が良いと思ったものだけだからね

困ったことに新たな接点などの出会いは
歳をとることに無くなってきている
残念なことなんだけど…
今の接点や交差する点を
大事にしなさいということなのかなぁ…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私が勘違いしていただけ…
思い上がっていただけ
そう 独りよがりだったのかも

嫌われていたんだぁ
ああ 勘違いしていたよ
少なくても 嫌われてはいないと思っていた
恥ずかしいなぁ
馬鹿みたいだよね
情けなくなった自分が

鏡を見た
そうだよね
嫌われても当然な私が映っている
本当に馬鹿みたい
呆れてしまう

なぜ 涙が溢れて止まらない
嘘つかれたから?
それもある
自分が嘘をつかずに接していれば
きっと相手もそうだよね 
という私自身の慢心さに対してなのかも
悲しいという漠然的な感情に満たされてしまった

本当に私って馬鹿だよね
そして空元気をしてみたが
虚しさだけが残っている
余計に辛かった
無意味だった

ダメだ
思い出すだけでも
悲しみが滲み出てくる
どうすれば 止まるのだろう…

止め方 忘れてしまった
やっぱり 私って面倒な奴だ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


先日もよく見る夢を見た

それは私がヨーロッパの何処かは不明
地中海近くだと思う
白い壁 眩しい太陽
庭にはオリーブの木がある
そこでは私は山羊の乳を絞り
そしてパン生地を作り 焼いている
かまどには大きな鍋に野菜スープ
顔は分からない誰かと自分のために
ごく当たり前のように過ごしている

あまりにも鮮明に感じる光景
前世たちの記憶?
それとも憧れの具象化?
わからないけど
目覚めると
心地いい感じがする

きっと私に語学力があったなら
すでに日本にはいないだろう
多分 様々な国に放浪しているはず
でも語学力がないので日本にいる
会話ができる国にね

来世があるのなら
是非とも語学力を持ちたい
世界を歩いて 色々なものを
見て 感じたいと思う

もちろん 日本もいいところだけどね
何処かで井の中の蛙ではいけないと思ってしまう
今世は日本で…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


今 ペルセウス座流星群の極大の時期
東京では見えないかも…
だって明るくて 
空の視野が狭いから

いつ以来から見ていないのだろう…
ベランダに出て夜空を見上げた
雲に覆われている
そして地上からの明かりが
雲に反射している 
そう 空が白っぽい 無理だねと思ったら
記憶のカケラが出てきた

四半世紀以上前のこと
その時の彼から
「暖かい洋服を持ってきてね
 そして ブランケットもあればいいなぁ
 大きな魔法瓶にいっぱいの熱い珈琲もお願いね」
この時は真夏の時期
私の頭の中は『?』でいっぱいになった
ドライブだよね?と疑問に思いながらも準備した

待ち合わせも夕方だった
車に乗ると
キャンプですか?というほどの荷物
「何処に行くの?」と尋ねても
「着くまでのお楽しみ」と言って教えてくれなかった
東京に隣接した県の山の方へ向かった
途中のサービスエリアで夕飯を食べた
とあるインターを降りて
ひたすら山に向かう道へ走っていった

もう辺りは真っ暗になった
段々と街灯も減っていている
車のライトもハイビームのまま
行き先もわからないままで不安だった

「ここから山道が続くからね」と彼が言う
ひたすら山道を登って行った
段々気温が下がっていろことを感じた
どれくらいの標高だったか忘れてしまったが
かなり高いところまで来ていた

山道からひらけた場所に着いた
「これからは明かりをつけないからね
 暗さに目が慣れたら教えてね
 それから 車の外に出ようね
 あと もう上着着た方がいいね」
ちょっとしてから私の目が暗さに慣れた
「じゃぁ 外に出よう」
外に出たら 草が夜露で濡れていた
「冷たい!」と言ったら笑われた

「ゆっくりと真上を見てごらん」
私はゆっくりと真上を見上げた
真っ黒な空におびただしい数の星
視野の片隅にはすぅっと通り過ぎた光
「これって 流れ星?」とはしゃぐ私
「そうだよ 初めて?」
「うん!」
「これからもっと見えるからね」
「ここにシートを敷こう
 シートに寝転がって真上を見ると視野が広がって
 より多くの流れ星が見えるよ」

シートに寝転がりながら真上を見る二人
「あのペルセウス座の付近から放射線状に流星が降り注ぐからね」
物知りな彼からレクチャーを受けながら
ひたすら天体ショーに見入っていた

でも体が冷えてきた
暖かい珈琲で温めながら…
でも冷えてくると
「こっちへおいで」と私を抱きしめてくれた
段々息遣いが早くなってきたけどね

そんな記憶のカケラが出てきた
もうあの場所への行き方も忘れてしまった
きっともう行けないだろうね
私の記憶の中だけだね
懐かしいなぁ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR