FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


お風呂の後
耳の奥に水がある感じがした
綿棒でそっと自分の耳奥に触れた

ふっと思い出してしまった
記憶のカケラ

昔 付き合っていた彼で
耳掃除をされるのが好きな人がいた
その彼は私の太い太ももが
「心地いい枕だぁ」と言って寝転ぶ
必ず言うことがある
「耳掃除して」と
いいよと言って綿棒で
彼の耳の細かい垢をそっと取ってあげる
仕上げに軽く息をかけてあげる
それはとても細やかなものを飛ばすために

耳掃除が終わると
私の膝枕の上に気持ちよさそうにしている顔
母性をくすぐられる瞬間でもあった

ある時
「怖くないの? 人に耳掃除をされること」と聞くと
「何で? 絶対◯◯◯は嫌なこと俺にしないでしょ
 そんなこと 付き合っていれば分かることだろう
 知らない人なら嫌だけどね」
と私の膝枕の上で笑って言っていた
信用してもらっているのだと安心したことを覚えている

でも私は…
そう 自分では見えない部分
だからこそ不安で怖く感じる部分
また違って弱い部分でもある
自分で触れるのはなんでもないのだが
自分以外の人に触れられると困った状況になってしまう
耳掃除ができなくなってしまうのだ…
だから 私はお掃除専門なんです

子供も小さい頃はよく耳掃除をしていました
顔が似ていない親子だけど
耳の形はとても遺伝しやすいと聞いたことがある
子供の耳の形は私と同じ
「やっぱり 私の子供だねぇ〜」と言いながら
耳掃除をしたものです
お互い安心で満ちた時間でもあったかも…

そういえば ずっと誰かにしていない
まぁ 信用されることもないしね
膝枕をして耳掃除をするというシチュエーション
そうそう普通ないからね(笑)

でも今思うと
できる関係って
とてもいい関係なんだろうと思う


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR