FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ある映画が始まる前のわずかな時間
私の一つ席空けた隣にいるカップルの二人
彼女が彼氏に困らせるような質問
どう見てもこの言葉が欲しいような質問のように思えた
だけど彼氏からその言葉は出てこない
違う言葉が出てくるばかり
彼女はイライラしている

ただ彼女は彼氏を試していただけだった
けれど思っていたような答えが出てこなかった
聞こえてしまった 私は
「うん 彼女の気持ちわかるよ」って心で言ってみた

古い記憶のカケラが出てきた
付き合っていて その時の彼と幸せな時期
幸せなんだけど
心の片隅に 不安の種
手をつないだり
楽しく会話したり
抱き合っていても
ふと 一人になった時
気づいてしまう 不安の種

払拭したくて
つい 彼に対して試すような質問
「好きだよ」
「大丈夫」
「心配するな!」
これらの言葉が欲しくて
彼を信じたくて
安心したくて
つい 質問詰めしていた
私の不安がそうしていた

これは歳をとった今でも変わらない
不安という種は絶えずある
自信を持ちなさいと言われるが
私自身に自信が持てない
だから不安の種があるのか
不安の種があるから自信がないのか
それとも別のファクターかもしれない

嫌われる事とわかっていても
なぜかしてしまう
最近は言った後に後悔もついてきた
不安って厄介
失くせる時ってあるのかなぁ

見えない不安
抗う私
嫌われる私

本当に悪い癖


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR