FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


幸せ  楽しい  嬉しい
このような感情は一人では感じにくい
何かしらの形で誰かの存在があると思う
極僅かだったり 長かったり

私も 
幸せ  楽しい  嬉しい 
これらの感情を貰える人との時間
とても大切なんだ

でも最近 ふと思ったこと
幸せ  楽しい  嬉しい を与えてくれる人から
私が奪っているのではないかと…

なぜかというと
幸せ  楽しい  嬉しい の感情は
絶えず生み出されているわけではない
もしそうなら 全世界に人は幸せになっているはず
でも 違うよね
幸せ  楽しい  嬉しい の感情の全量は
決まっているのではないかと
考えてしまった…
この発想が頭から離れない

奪ってまで 幸せ  楽しい  嬉しい でいたいのか?
自己嫌悪に苛まれている
でも必要なんだ…よね
でも 奪いたくはない

だからといって
私からあげられるものでもない
あげても 相手が同じ感情をするとは限らないから
幸せ  楽しい  嬉しい の感情になるのに
きっと 私は適していないのだろう

こんな思いが溢れてくる…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


若い女性に聞かれた
「男の人って ただでさえ慣れてくるとダラけて
 嫌になってくるんです
 結婚したらもっとだらけるんですよね?」って
「それは人それぞれだから…
 でも気心をあなたに許しているという点では
 良いことだと思うけど?
 あなたに安心感を感じているからこそだと思うよ
 でも クズ男状態なら別だけどね」
「確かに…」
「相手にドキドキしていたい部分もわかるよ
 それは相手に求めるのではなくて
 自分自身だけでドキドキしても良いんじゃない?」
「えっ 例えば?」
「う〜ん 共感してくれないかもしれないけど
 無防備な寝顔を見たときとか
 一生懸命な表情とか そんな部分見れたら
 ドキドキしちゃう ごめん個人的すぎたね」
「でも わかるような気がします
 自分の好きな相手の部分など再度注目してみます」
失敗している私が答えても良いのかと思ってしまった

そのときに思い出された
記憶のカケラ

シャワーからタオル一枚だけで                    
私はすぐに ベッドの中へ潜ってしまう                 
その様子を見ながら タバコに火をつける
「もう、恥ずかしくないでしょ」と笑う彼
でもね、慣れすぎたくないの                     
もう少しだけ恥ずかしくいさせて
彼の一服の間だけでも

note: 甘美な記憶 から
(https://note.mu/bara_bara/n/n5550562eaaf9)

今でもそうなんだけど…
ぶりっ子ではない(死語的表現)
この部分が慣れ過ぎたら
男女の関係が薄れてしまうような気がしている
違う意味では良いことなんだろうけど
私はこの部分が一番ドキドキしていること
また再認識した

誰に言われたのだろうか
何もないのに胸がドキドキしたなら
病院へって
体調にも気をつけないといけなくなってきたからね(笑)


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


恒常的な生活や活動には問題は無い
ただ女性的な周期等による変化の波が
激しくなっているからだろうか
感情の感受性が影響を受けている

簡単に言うと
自律神経の異常や失調や不定愁訴
更年期障害
う〜ん 大雑把すぎる
そう言われると 規則正しく
体を温めるようにと言われるだけ
体からくるものもあるが…

それよりも感情的な影響が大きい
ストレスと感じると異常に辛くなってきた
様々なストレスを減らそうと試みてはいるが
私自身に持てる容量が減ってきているみたい
だから減らしてもいつもフルの状態になっている

年上の方からは
「もう少し年齢を重ねてくるとどうでもよくなる時期がくるよ」
と教えてくれる
早くそうなりたいものです

只今 ちょっと落ち込み気味なんだよね
特に理由が無いはずなんだけど…
どうしても 行動や感情が鈍くなっている
どうすればいいんだろう…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


実家の納戸で探し物
今度会う友人たちとの思い出の写真を
探していた
奥の方に見覚えのある箱
綺麗な模様の箱
何入れていたのだろう?
覚えていない…
ちょっとワクワクして開けた

中には大きさや太さや色もバラバラな
使いかけの毛糸玉たち
一気に出てきた思い出のカケラたち
あっこの毛糸はセーター作った時のだ!
これは手袋 これ苦労したんだよね 
5本指ではなくミトンにすれば良かったかな?
何度やり直したことか…
これは初めて作ったマフラーの残り
色々と思い出した
作り終わっても 捨てればいいだけのこと
でも 同じ毛糸がある いざとなれば修理できるかも
そんなことで取っておいたものたち

そういえば前にニューヨーク・タイムズの記事で
アメリカの若い世代(25~35歳)女性の1/3が編み物や手芸をしていると
女性だけではなく男性にも広がっているらしい
なんで?と思って読み進めると
編み物セラピーとして受け入れられているらしい
繰り返しが多い動作が瞑想とかヨガみたいな
リラックス効果があるそう
作品を作り上げることで自尊心の向上につながるようだ
様々な効果があるようだが
ただ私は作りたくて作っていただけ
リラックスを求めていたのかもしれないけど…

人によっては重い感じがするとか
昔はよく言われた
そんな人には絶対に渡さなかった
作品たちはもういないけど
思い出玉たちは こうして残っていた

また思い出玉たち増やしていこうかな

呆け防止にもいいらしい…
やらねば!


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


なかなか 思いが溢れすぎてまとめられませんでした

11月後半からの見た映画たちです。

『人魚の眠る家』
予告等でよく見ていた
技術があれば何しても良いのか
特に命に関することについて
内容的には嫌いなジャンルだった
見る予定はなかった
でも 気になって見てしまった
命の区切りとは? 境界線とは?
日本や外国において尺度は違うけど
愛する人の死 
いつかは来るもの 
そして 判断を迫られることがあるかも
色々と思い考えさせられる
そういった意味で見てよかったと思えた

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
タイトルから後ろ髪引かれる感じがした
絶対に見ようと思っていた
これが実話が元となっていたから尚更だった
主人公が幼少の時 見ていた母親の印象
大好きな母からの虐待
私が子育てしていた時 
あるママ友と重なった
確かに同じだった そう思った途端
どこにでもある話になってしまった
でも主人公は自分を苦しめた母に怒りも覚えつつも
友人に恵まれ
母への理解と向き合う姿は
胸が苦しいぐらい良かった
やっぱり見て良かった

『銃』
大学生の主人公が雨が降りしきる夜に道端で
銃を拾う 傍らには銃で撃たれた男の屍体
銃を握りしめた途端
モノクロに…
もう主人公が銃に魅せられた
そんな演出なんだろう
主人公の銃への偏愛がうかがわれるが相反する表現として
セフレとのセックスシーン
これほどに実務的に官能さえも全く与えない
それだけ主人公の銃への偏愛を色濃くしていたと思う
親に捨てられた経験を持つ主人公
銃を持つことで 撃つ正当性を見つけるために
隣に住む子供を虐待する母親に目をつける
ネタバレになるので ここまでにしておきます
ただ村上虹郎さんという俳優さんがより
この作品に深みを与えていてくれていると思った
銃の魅力から解放された時
モノクロからカラーな現実へ
憎いぐらいの演出  やられました

『いろどりの親子』
作家アンドリュー・ソロモンの原作にしたドキュメンタリー
周りとは「違う」性質を持った子どもと親たち
自閉症、ダウン症、低身長症、LGBT、殺人といった
「違い」を抱えた子どもを持つ6組の親子が直面した困難や戸惑い等
その経験から得られる喜び等を丁寧に描いています
特にアンドリュー・ソロモンの話
彼が若い頃 ゲイは病気扱い 治療すれば治ると…
彼自身も女性との性的行為を訓練することで治ると思ったが
より自分自身を傷つけていたこと
そして周り 両親に理解されなかったことに傷ついていた
治るというものではない
そう性質なんだ 
自閉症の息子を持つ家族のように
正しいコミュニケーションツールを持つことで
理解し合えることができた 知らないことも教えてくれる

『斬、』
幕末の不安的な時期
農村に身を寄せている浪人
剣の術は立つ
その腕を見込まれて京へ
剣術は人の命を奪うものではないと信念を持っているが
農村で起こった盗賊との関わり合いで奔走される
信念と自分の内なるものの葛藤を
池松さんが情けなく迷い彷徨い続ける浪人を
悲しくも無様で愛おしく演じています
こんな武士が多かったら争いが減るかもしれないかもね
殺陣のシーンはとても優雅でキレのあるもの
これだけでも見る価値があると思います

『エリック・クラプトン 12小節の人生』
エリック・クラプトン本人のナレーション
リアルタイムで知らない私にとって昔の映像と音源
とても新鮮でした
実の親は姉と思っていた人で母からの愛情を受けられずに育った
この寂しさ悲しさからギターやブラックミュージックにのめり込む事で紛らわせていた
このギターによってミュージシャンとして頭角を表す
親友ジョージ・ハリスンの妻のパティへの恋心
愛情が満たされない思いがあの『Layla』
幼い頃に初めて聞いて ギターの音色に悲しさを感じたこと思い出した
その後 薬物中毒 アルコール中毒と廃人化していく様
本人もこの頃のことは多く語りなくないようだった
『Tears in Heaven』の秘話 息子の事故死 とても悲しいものでした
これ以降のエリック・クラプトンは別人のように
そして今は幸せそうで良かった
でも私個人としてエリック・クラプトンのギターは『Layla』前後が好き
エリック・クラプトンに少しでも関心があれば見応えあるが
全く知らないと ただのダメ人間のお話で終わってしまうかも

まだまだ見たかった作品があったけど
まだ劇場あるか探してみてみようと思っています
12月や年末にも気になっている作品も多くあり
都合を合わせるのが大変そう


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


久しぶりの同じ会社の人に会った
その彼女は出世街道を進んでいる
もちろん その努力と人間性は皆が認めている
だからこそできるだけ出世街道を進めて欲しいし
陰ながら応援している人

「久しぶり〜 元気している?」
彼女はとても洞察力が鋭い
「うん まぁ ってとこかなぁ」と私が言うと
「そうでもない感じってことね」
仕事の話等して一段落した時

「そういえば あなたの部署の上司 大丈夫?」
「えっ どうして?」
「公ではないけど 良い話聞かないんだけど…
 具体的なことは言えないんだけど…」
「そうなの?」
「あなたが心配になって 実害がなければ良いと思ったけど…
 多少はありそうね 顔を見てわかったわ」
私が動揺していると 
「大丈夫 心配しないでね 言わないよ!
 これから こっちにちょこちょこ来ることになるの
 一緒にお昼でも食べよう 美味しいもの食べて
 ストレス減らそうね!!  絶対だからね」
と言って別れた

『大丈夫?』
その気心を私にかけてくれたこと
私が具体的に言わなくても 察してくれたこと
その気持ちに嬉しくなった

ちょくちょく会えるかもしれないこと
楽しみにしている
こんな上司だったら良いのにと思ってしまった

憧れる人なんだよね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


食事を外でしていた
隣には幼ない子がいる若い家族

旦那さんと奥さんが一緒に
子供の面倒を見ながら食事
特に旦那さん 自分の子供の扱いに慣れているよう
普段から子供に接しているのがよくわかる
子供も安心して食事を楽しんでいた
見ていて微笑ましかった

今は普通になった父親参加しての子育て
私の時にはまだ少なくて
特に私の場合は…
外でのみ いい人 いい夫 いい父親を演じていた
本人はそれが上手くいっていると思っているが
バレバレだった
でも騙されている人もいた
私も初めは色々と言ったが無駄だった
聞く耳を持ってはいなかった
とてもどうしようもない気持ちの中過ごしていた

でも不貞腐れず 私は私のままで子供と過ごしてきた
大きくなって 子供の父親のことを話したら
「うん わかっていたよ
 小さかった時は なんか嫌とか 不思議としか
 思えなかった 今はわかるよ母さんの大変さ
 父親の器の小ささもね
 母さんはシングルマザーで俺を育ててくれたと思っているよ」
わかっていてくれたこと
十数年の辛かった気持ちが癒された
一番理解して欲しい人 そう子供には伝わっていた

弱った涙腺から溢れるものが…
「バカだなぁ 泣くことはないだろう」
思わず
「大きくなったんだね」
「そうさ 子供じゃないんだから」と笑ってた

でも 子離れしなきゃ
せっかく いい男に育ったからこそ…
母親っていう役割は残酷なものだね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


このブログを書き始めの頃

ブログを書く理由
http://hanayuki2017.jp/blog-entry-53.html

読み直してみた
整理するはずだったが…
散らかってしまっている

記憶をただ閉じ込めているにしか過ぎない
客観的になればなるほど
自分がメンヘラだと知らされた(笑)
笑い事じゃないんだけどね

明暗が強くなってきた
今もそう
クリスマスプレゼントを作り終えた
できた喜びが一転
こんなもの誰が喜ぶ…
もらっても困るよね…
後悔に苛まれている

他にも 色々と連絡してしまった
はしゃぎすぎてしまった
年甲斐もなく…
送った相手は大人なので対応してくれた
今は本当に申し訳なく思っている

こういったこと記すことで
自分への戒めなんだろう
きっと忘れるな ということで
書いているんだろうね

なかなか改善されてはいないけど
年老いたメンヘラ

あるブログで女性の99.5%はメンヘラだって
度合が違うだけ
そんな記事見て
少しだけ ホッとしている

自分で自分のこと笑ってしまった
このブログは…
この先どうなっているんだろう

やっぱり 闇が深い時に書くものではないですね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ウィンドウショッピングしていた
前を歩く50代中頃のご夫婦
仲良く腕組みながら楽しく会話しながら歩いていた
「いいなぁ」思わず言葉に出してしまった

誰でもそう
誰かと付き合い始めたり
結婚したり
ずっと一緒で楽しく過ごしていけるのだろうと…
そして一緒に老いていけると
思っていた
何がどう間違えていたのか…
今はもうどうでもいい
私の場合は

多くの人は
思い描く部分は微妙に違っても
いい関係性を築きたいと思っていたはず
うまくいかなかった
特に私の周りには多いような気がする
私も含めて

こういった形の幸せって成功率低いのかもね
誰も不幸よりは幸せになりたいはず
そうか 形を変えてみよう
そんな発想になりつつある
まだまだ 具体性はないけど

辛いこと今も進行中なものもあるけど
ちょっとした幸せも感じることもできてきた
今はこれが救いの部分

今まで大変だったからこそ出会えたんだね
そう言ってくれた言葉
嘘でも嬉しい
私には言霊となっている

一期一会だよね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


12月らしい寒さが
年末で何かしらの理由をつけて
女子会や飲み会やお祝い等のたのしい会合増える

今年のクリスマスの準備
プレゼント等の目処がたった
楽しいことに思いを馳せるって嬉しい

でもあまり楽しみに浸りすぎると
その反対のことが起こりやすいので
ほどほどにしよう…

プレゼントを渡す方々に喜ばれると良いなぁ

これらに反して仕事は忙しい
年末は様々な業界でも繁忙時期に…
こればかりは致し方ない

忙しいけど 楽しい日々
風邪なんか負けてられない
健康にも気をつけないと

あぁ 忙しい…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR