FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ある街角での一瞬の出来事
信号待ちで私の後ろにいる二人
姿は見えない 声だけ
若そうな声の男女
別れ話をしている
残念だね…

信号が青に
もうどこに行ったかわからない
せっかく出会った二人なのにね

人を好きになる時って理由があるようでない時もある
私の場合は…
でも知り合いの中には
自分の希望する条件の人を探す人もいた
出会って違ったと後悔しないようにと言っていた
それを否定する気はない

過去の恋愛の記憶のカケラが溢れてきた
一目惚れは一度もない
漠然的に『この人なら安心できそう』まではある
これはフェチや感覚的なものが主だったりする
そして『いいなぁ』や『もっと知りたいなぁ』が増えてくる
徐々に惹かれてしまっている
気づいたら好きになっていたことが多い

別れる時
これは私自身の精神の成熟度合いによって違っていた
未成熟の時は
『なぜ 私だけ見てくれないの?』
どんな状況においても私中心にして欲しい気持ちで溢れていた
相手への気持ちを見ようとしていなかった
若かったから?
少し成長した私は歩み寄ることを覚えたが
どうしても二人が努力してもダメな時が出てきた
結果が無理なことで別れを選択するように
そして今は自分の為に選択をする
正解などはないから 悩んでばかり
時間がかかってしまう
仕方がない

残りの時間
好きが多くなるようにしたい
別れは最小限で…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR