FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


少し前 カフェの隣にの席にいた
学生二人
サークルのために必死でバイトをしているという
そんな話が聞こえてきた
どうやら 金払いの良い先輩としていたいそうだ
きっとそこが彼らのポリシーらしい
内心 笑いが吹き出しそうになるのを抑えていた

持っているから頼られるし 求められるのだろうね
でもそれで嬉しさに変わるのだから
人それぞれだなぁと思う

私には人に自慢できるものなど何もない
だから頼られることもないし
求められもしない
そう 何も持っていないから

特徴的なものはあっても
求められなければ
ないのも一緒  

昔 誰かに言われた
求められるうちが花よ ってね
もう私には小さな花さえ 
とうの昔に去っていった
私の手には…
何も無い

過剰な期待もされずにすむから良いやと
自分を慰める

何も無いからこそ
誰かに求めてしまうように…
卑しくなっているね

そんな自分が嫌だ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.