FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


日中の電車移動中
私は座席にいた
私の前には女子高校生の3人が立って話していた
一人の女の子の片思いについて
好きな男性の良いところが止めどなく出ていた

もちろん 好きだというフィルターがありすぎて
冷静的に見てい無いものもあるのだろう
でも 素敵な表情で人の良いところを
楽しそうに 羅列している様子は
見ていて羨ましかった

「見ているだけで幸せ」というフレーズがでてきた
私はいつ以来言っていないのだろうかと…

いろいろな時間が過ぎ去った私
これだけの感情だけでは落ち着かない
それは今までの経験がそうさせているのかもしれない

またシンプルな想いに従えなくもなった
片思いは一方的な感情
相手のことはわからないままで…

ある程度相手が自分自身に好意がないこと
感じるのがわかりやすくなると
あっという間に終わり
相手の環境なども知り得ることが簡易になればなるほど
どんどん片思いは無くなっていく

そう歳を経ていくほど
片思いは無くなっていった
寂しいものです

だからこそ 若い子の片思いに羨ましかったのかも

ベコニアの花言葉は
片思い


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.