FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


街での買い物帰り
「どうぞ願い事を書いて飾りください」
願い事を書く短冊を配っている人が
私の前に差し出してくれた

あぁ もうすぐ 七夕なんだね
周りには子供たちがお願い事を書いている

飾っている願い事を見た
字の様子から
幼い子の願いは可愛い
大人の願いは現実的で欲望に近い

面白いなぁ
全部叶ったら それはそれできっと楽しいだろうね
私はその場では願い事は書かなかった
というより書けなかった…

擦れてしまっている
願っても叶うわけないから…
可愛げがなくなっているのだ
望みたいけど
諦めや願ってはいけないと思っている

昔ある人から言われた言葉
「願い事は願い続けないと意味がないよ
 だから多くの願いを持ち続けなさい
 そして忘れないようにね」
そんな記憶のカケラが出てきた

今年は一つでも願いを考えてみようかな
ダメ元でも
短冊に書いてみようかなぁ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.