FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


夜一人で過ごす時間
ふと寂しさを感じた時
毛布を手繰り寄せるかのように
自分自身にかけられている感情を
手繰り寄せた

私を取り巻いているのは誰かの情け
その中でも哀れみという感情
お気の毒に…
不憫だね…
同情ともいうね

それは私を気遣ってのこと
本心はどうかわからないが
私の前ではそう接してくれる
嫌味や悪気を含まないようにと…

とてもありがたいこと
でもちょっと冷んやりとするの
秋風のように
寂しさという感情が入っているからかも…

日没が早まっている今
冷んやりとした風が
忘れないようにと
私に釘を刺しているようだ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.