FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


仕事で心身共に疲れ果てた
お昼も食べ損ねていた
日没の中歩いていた
家に帰って何もする気が起きない
様々な定食が充実している居酒屋さんへ

少しだけ早い夕食
サワーと共に待っていると
BGMが私の20代前半の曲が流れている
懐かしさに浸っていた
「あっ この曲」と思ったら
古い記憶のカケラが出てきた

今もそうだけど
カラオケが苦手
聞いているのは大好き
でも歌うのはダメ
音痴だから…
元彼も苦手な人がいた
大学を卒業して社会人になったら
一曲でも歌わないと…
そんな元彼の練習に付き合っていた

私にも練習をしたら?とお誘い
「他の人誰もいないし
 俺も下手だし
 安心して歌ってみなよ 大丈夫だから」

案の定 音を外してしまった
元彼は大丈夫と口パクして微笑んでくれた
歌い終わると
「やっぱり 嫌だ」と言うと
「大丈夫だったよ
 しばらく経ったらもう一曲だけチャレンジして今日はやめよう
 俺もそうだけど 慣れが必要なのかもね」

頼んでいた飲み物と食べ物を食べながら
二人に時間も楽しんでいた
「緊張も和らいだでしょ
 さぁ もう一曲ずつ歌って終わろう」と言われて歌った
お互いまぁまぁ歌いきることができた

元々苦手と思えることは緊張を誘導してしまう
思うように行動が取れずにいる
安心感が緊張感を安らいでくれた
そんな当たり前のことを実感した時だった

今も私はカラオケが苦手
あの時のような安心感の中で
歌うことがないからかもしれないね

元彼の練習曲だった曲を聴きながら
サワーを飲んだ
あれから長い時間が過ぎ去ったことをつまみに…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.