FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


日常の中でふと気が抜けた時
心に蘇ってくる映画がある
ここ最近に見た映画
『ロマンスドール』

人気俳優陣が多く出ている
でも出演者の大人の諸事情で
大々的にメディアに取り上げられていなかった
私にとっては何も情報を得なかったのが良かった

人それぞれに見方は違うだろう
私は主人公の夫婦の関係中心に見ていた
社会貢献していると思っている妻に
正直に言えない夫
とても真面目に仕事しているにもかかわらず
偽り続ける

妻も何かを感じながらも
仕事に真面目な夫に理解しながらも
寂しさを感じ続け
不満も言わず 溜め続けている

どのカップルも夫婦も相手のため…
思うが故の
その優しさの裏側の部分を溜めてしまう
その歯がゆさを私は辛く見ていた

すきま風
人の心が弱った時
人はこういった行動をとるのだろう
わかりやすく描いている

そこは映画
お互いに本音をぶつけ合った後に知る真実
その後の二人の関係がいい
やっと夫婦になれたんだと思う
ネタバレになるので詳しくは書けないが
あんなにもボロボロと恥ずかしげもなく泣きながら
私はスクリーン越しに 二人の営みを見ていた

猥褻というような感じではなく
羨ましさに近い感情を与えるラブシーンだった
私も最後は… あぁでありたい

ラストに主人公が妻のことを言うセリフ
緩みきった涙腺の崩壊
ズルいよ…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


仕事でも私生活でも何をするのでも
大小様々なリスクはある
回避できるものなら回避したいし
避けられないのなら最小限にしたい
誰もがそう思うと思う

私は仕事である大きなリスクについて
上司に相談した
今の時期ではなく
時期を見直して欲しい…と
仕事自体は否定はしていない

けれど返ってきた反応は
「この仕事がそんなに嫌なのか 意味がないというのか」
「そんなことは言ってはいません
 ただ時期をずらした方が準備万端な状態でできるので…」
「昔の私はできたぞ」と自慢げに言う
でも今の状態なの
あなたの時代の昔ではないのよ

終いには「君に責任が取れるのか」
「損失は給料から天引きにしたいくらいだ」など
今で言うところのパワハラ発言

これは部下の私の口から言ったことだから
なおのこと冷静に聞いてはもらえない
もっと立場の上の人なら…
一瞬で意見を変えてしまう

そんな上司に誰がついていくのだろう
私の仕事意欲はダダ下がり
上司は部下がが選べないと言うが
部下も上司が選べない
私の職場は特にね

リスクの時ほど冷静に考えられる上司
理想という空想にしかいないのだろうか
いたらいいなぁ…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


私が行く先々
良い人達に恵まれていたから
忘れていた…


何度か訪れたことがあるお店
スタッフの方も初めての人達
もちろんお客さんも…
以前頂いて美味しかったものを注文

店内のお客さんには
男性のおじさん
若い女の人の二人組がいた
おばさんが一人でいることに嫌な気がしたのだろう
かなり酔った男性のお客さんが
嫌味なことを言ってきた

文章にするのも嫌になる程
スタッフの一人が
相手にしないように私に話しかけてくれた
まぁ 反抗する気もなかったけど…

男性のお客さんは若い女の人の二人組に
猫なで声で話しかけている
この界隈では有名人らしいもう一人の高齢のスタッフも
男性客と同じような対応をしている

あぁ 私が嫌いなのはこれだ
若い人は何をしても許すが
年を重ねた人は許さないという態度
自分たちも私以上に年を重ねているにも関わらず
女性だからというだけで
独自の価値観を押し付けてくる

そう おばさんが来るとこじゃないんだよ
家でおとなしくしていろよ
そんなことを言われたからなおさらだった

経験から比較的若い男性の方が
そのような価値観をぶつけられたことはない
まだ ないだけかもしれない
でも嫌な態度を示すのは私以上の年齢の人が多い

なんだか 嫌な気分だけは抜けなかった
直ぐに店を出るのも大人気ないと思い
2杯飲んだところでお店を出た

直ぐに全く知らない年上の男性に睨まれた
嫌で遠回りしたらまた会ってしまい睨まれた
「もう 何なの!」と心で叫んで
急ぎ足でこの界隈を後にした

女性を年齢で判断
そして独自の価値観を押し付けてくる
比較的年齢がいった男性
こういった人達が一番嫌いだということに
再認識させてもらった

トラウマになりそう…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


休日だったので
目的地までどうやって行こうか
時間はいっぱいある

そうだ バスで行ってみよう
そう思い路線図を見渡した
少し遠回りだけど気分転換になるかも…

最寄りのバス停から一本のバスではいけない
ここのバス停で乗り換え
確認して家を出た
思いの外 時間通りにバスが来た
空いていて座席に座ることができた

大きな窓から外を見ると
いつもの歩いている視線よりも
高い所から見渡せる
景色が広がっている
知っている道も別のように感じる
えっ ここ曲がるんだ
こんな所にバス停があるのね
とても新鮮に映る

時間がある時にバスでの移動も良いかも
そう思いながら乗っていた
平日なら渋滞の所も
休日ならスムーズに通れる
きっと休日限定になるのだろうけど

電車では感じにくい
緩やかな時間経過
人の流れと景色

これからの時期は
街路樹の芽吹きも楽しめそう
すぐそばに感じられるからね
時間がいっぱいある私に合っている

今度は乗ったことない路線に
挑戦してみようかなぁ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


最近になって気がついたこと
感情の複雑さ
増えていることに…

嬉しい感情に悲しさや虚しさ
悲しいけど嬉しさや感謝
そんなちょっとした別の感情が
入り込んでいることに…

若い頃は
わぁ〜楽しい
辛すぎ…
悲しいよー
といった一方向の感情が多かった

今は複雑な色で波を持った感情が多い
なんでだろうと思い返す
今までの長い経験からくる感情が
染み出されているように…

自分でも驚くことがある
予想外の伝う涙
嬉しさの中の胸の痛み
とても複雑に混ざり合う絵の具の色合いみたい
だから全く一度も同じにはならない

感情の色合いが増えると
困ったことに
好きな映画を観ていると
必要以上に私の感情を揺り動かすだけではなく
爪痕も残すようになった
結構 疲労困憊する
ただ映画を観ているだけなのにね

ますます感情の色合い増えていきそう
いい意味で怖いぐらいに…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


とある場所にいた
今日はバレンタイン
若い恋人同士が横にいた

「愛しているよ △△」
「ねぇ 私のこと愛している?」
などなど…
お互いに「愛している」の確認をしている

そんな若々しい会話から
私自身が「愛している」と言う単語を
ずっと言っていないことに気がついた

「愛している」という感情は
様々なものにそれぞれの度合いで…はある
でも口に出していない

若い頃は私も言っていたと思う
でも生き進めてくると
「愛している」の言葉の重さを
私なりに感じ取っているから
そうそう口に出せなくなっている
「好き」はとても口にできるにね

あと一番は私が「愛している」と言った時
言われた相手は困るだろう
結構 重みがある言葉だから…
だんだん言いずらくなってきているのだろう

だから若い時に言えること
良いことなんだろうな
隣の恋人たちを見てそう思えた

「愛している」言い合えること
見ていて良いなぁ
そんな温かい気持ちになれた


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今年のバレンタインは個人的には終わった
あげたい人に渡したから

でも一番貧素だった
私は他のことをしながら
チョコレートケーキを作っていた
色々と不備があって思い描いたものにはならなかった

会っている最中も焼いている状態
見た目も単なる茶色の塊
付け添えにバニラアイス
一緒に食してもらった

普通にショコラティエの作品にすればよかった
反省ばかりだった
…ごめんなさい…

きっと最悪なものの一つとして
覚えられるのだろうね
すぐに忘れられるのかもね…

あはは


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


直前のメール
その時は見るだけしかできなかった
文面を見ると
思わず吹き出してしまった

お茶目な言葉遊び
私を楽しく笑わせてくれる
「もぅ」と言いつつも
楽しい気持ちでいっぱいにしてくれる

会う前から楽しませてくれる
その人の人柄が出ている
いつも私を笑顔にさせてくれることを言ってくれる
でも笑顔が上手ではない私
私自身がどんな顔をしているかなんて
考える暇なく
笑わせてくれたり 
微笑ませてくれる
きっと変な笑顔なんだろうけどね
シワなんか気にしていられないほどに

とても良い時間
相手の笑顔も見ていて良い
その笑い声も楽しさを助長してくれる
幸せな時間を与えてくれる

短い時間でしか会えない
だから全力で笑顔にしてくれているのだろう
その気持ちにも嬉しさと感謝を感じている

だからこそ その魅力に引き付けられてしまう
短い幸福感
街で同じような笑い声を聞くと
その人がいるはずもないけど…
声の主を探している自分がいる

こんなに私が良い意味で滑稽になっている
不思議だなぁと客観的に見ている自分もいるが
そのままで良いよねという自分が優勢

「今日は笑顔よりも
 ○○○○いる顔の方が多かったね」
「…もぅ…」
顔を緩めさせないで…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


ちょっと前に
しばらくぶりの人と会った
元同じ部署にいた年上の男性

その人はいつも女性の噂が絶えない
結婚した時も皆が驚くほどに
その男性が一人の女性を選ぶとはってね
でも結婚後も女性の噂は絶えなかった

私が若い時に聞いた事がある
「一人では満足できないの?」
「一人を選びたいから いつでも探しているのさ」
と笑いながら言われた
「若いお前にはわからないだろうね もっと熟成しろよ」
その男性が選ぶ女性は若い人から年上の女性まで幅広かった
「奴は生粋の女性好き」と皆が呼んでいた

年をだいぶ経て今 再び話をした
「今はどうですか?」
「今は妻だけさ」
「私が知っている○○さん?」
「あぁ そうだよ」
「安心したけど…びっくりした」
「おいおい なんでだよ」
「てっきり ころころ奥さん変わっていると思った」
「結婚してから一番は妻さ
 でも彼女が一番だと確認するために出会ったりはしたけどね」
「ものすごく良い言い訳! でもうまくいっているのですね」
「最近 彼女は僕への興味は薄れてきているんだ…
 今は彼女の興味を俺に向けるため奮闘中さ 敵は孫なんだけどね」

彼は紙袋をいくつも持っていた
「奥さんへのお土産ですか?」
「バレンタイン 奥さんにあげるものばかりだよ」
「女性が男性にあげるものでしょ?」
「おまえはばかだなぁ 愛を伝えたり確認する日だろ 
 そんな日に男から女からも関係ないだろ 
 伝えたい相手がいるかだよ
 おっと おまえには… それよりも新たな奴見つけたか?」
「今のご時世ではセクハラですよ!」と笑って言うと
「あぁ そうだった そうだった」と豪快な笑顔を見せてくれた

ダンディで明るく気さくな人
これから先もずっと元気でいるだろうと思えた
楽しいひと時を頂いた

今日もきっと彼は奮闘しているだろう


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


悪い癖がまた出ている…
とても楽しい事の前後に起こるもの

楽しい事を共有や共感
より楽しさを高めてくれる
幸せな時間だ

でも私が良いと思った事
実は違っていたりする事がある
えぇ 違うの?
悪い事に共通な部分を感じるとものすごく落ち込む
私の無知な部分が露見する

様々な出来事がフィードバックしてくる
私が無意識的にしてしまっている悪い部分を
その事を優しい人は黙っていてくれていたりする
優しい嘘 
哀れみの言葉
だからこそ辛く感じる
こんな私に気を使わせてしまっている
きっとこの前もそうだ
今回も…

私の思い込みというしがらみによるものだろう
自分だけ楽しく過ごせばいい
そういった見方もできるだろうけど
なかなか そういう境地にはなれない
結果的にはそうなったとしても
私に意識ば別物

ぐるぐると考えだけが頭の中を占拠する
それを覆うようにしがらみが絡みつく
暗く混沌とした空間
そんな中に引きこもる

時間だけはあっという間に過ぎていく
とても無駄な時間
分かっているけど
でもこれがないと
バラバラになりそうな自分がいる

これ以上 壊れないように
留まれるように
なんだか儀式のようかもしれない


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.