FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


まだ梅雨明けにならない
東京では降り続くというよりは
降ったり止んだりの連続
ちょっと買い物に出ても手放せない
ビニール傘
折りたたみ傘では心持たない降りもある
お守りのように持ち歩いている
強い降りの時は傘越しに見える利点が活かせない

今 私はまた自主自粛期間に
異業種の知り合いたちは在宅勤務に切り替わった
私は相変わらず勤務出勤
だけど新型コロナ感染の広がりに対して
各自予防対策をとり
品位のある行動をするように
会社からの通達があった
品位のある行動?

微妙に解せない気持ちのまま
雨が降りしきる帰り道
ビニール傘越しに見た先は
雨粒たちで先が霞んで見えない
今の東京の街のようだと感じだ

どうなるのだろう
雨はいつかは止むけど…
漠然とした不安の気持ちが止まない


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


先日 ふと訪れた海が見える場所
海が見えるといってもここは湾岸
砂浜があるわけでもない

行き交う船舶
橋を通り過ぎる車たち
慌しさの中にゆっくりとした流れの湾の海
ゆりかもめが会話している
様々な音に溢れた
私にとっての非日常空間
もう海の日も過ぎていたね

記憶のカケラが出てきた
海を見るのは好きだが
海で水着になるのは今は苦手だ

どうやら思春期を過ぎると人は一時的に
純粋に海で遊ばない人が増える
自分がどう見られているのかに集中する
あの人はどう
この人かっこいいよね
私の水着どう?
大人っぽく見えるかしら?
高校入りたての夏
知り合って間もない友人たちと海に来た

私は浮き輪で波に揺られて楽しんでいた
皆は私のことをお子様よねっといってからかっていた
彼女らの目的は私とは違っていた
どれだけ自分たちが男性から誘いを受けられるのかを待っていた
私が海で遊んでいる間にナンパされたらしい
戻ると知らない男性たちがいた
夜一緒に花火することになったらしいが
私は面倒で夜は宿から出なかった
この件があって私はこの友人たちとの距離を置いた
その後に今でも続く新たな友人と出会えたから

でもこの頃から海で水着になるのは苦手になってきたのは…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


夜中に降っていた形跡のある休日の午前中
空はちょっと重めな曇り空
でも雲の切れ間が増えていきそう
そう感じた

用事でバス移動
大きな窓から空を見ていた
晴れ間が勢いよく広がっていく
目的地に着いた時には
薄い雲がかかって
ちょうど良い眩しさだった
太陽も真上近くにいる
気温も上がっている

用事を済ませて
またバスに乗って帰宅しようとすると
コロナ対策で開いているバスの窓から
懐かしい声が…

今年初めての蝉の声が聞こえた
東京の夏で一番先に鳴き始めるのは
ニイニイゼミ
昔そう聞いたことがある
きっとそうだと思う

聞こえてくる方向には
昔からずっとこの場所に根を下ろしているであろう
立派な木々が見える
ここの何処かにいるのだろう
まだ数匹程度だと思う

7月に入ってもずっと雨や曇りの日々
蝉たちはしっかりとカウントしているんだと実感
夏の訪れを声で感じた日だった


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


私が幼い頃から
いやずっと前から外見の至上主義はある
今もそうだ
ルッキズムによる物扱いを何度も受けたことがある

これは受けたことがある人でないとわからないだろう
世間的には良い人だと思われている人でも
対個人だと違った面を見せることがある
あからさまな暴言や暴力でなくても
一瞬の言葉尻や態度でわかる

「あっ」と思うことがある
今 物扱いされた
やっぱりね…
大半は私を一人の人として対応していたけど
やはりずっとは難しかったのだろう
やっぱりこの人も…

何度かその様な状況を確認すると
フェードアウトする
できるのはまだ良い
仕事だとフェードアウトができない
まして家族となると

私はかつて旦那からの物扱いが酷かった
一人の人として見られなかった
理由は私が普通の容姿じゃないからだそうだ
じゃぁ一緒にならなければ良いのに
旦那の歪んだ性格
人を非議することによって自分を保つ人だった
その対象に私は適していたのだ
ルッキズム
対外的には罵りながらも私といることで
良い人をアピールする

一人の者ではなく物扱い
様々な言動を受けてきたので
あっ この人もやっぱりと思うが
私も顔に出さない様になってきた

言葉よりもやっぱり嫌なのは触れた時の対応
正確に実感できる
あぁやっぱり私って物なんだ

きっとずっと 変わらないんだろうね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


平日の日中のほとんどを過ごす仕事場
移動する際に見える北向きの大きな窓
5~6Km先の建物までよく見える
いつも私は籠った部屋ではわからない
今の天候の状況を確認する

確認するたび様々なグレーの空
雨足の状況では遠くの建物が隠れてしまう
あぁ今はお昼に出るのはやめておこうかな
傘は大きい方がいいかな
そんな些細なことのために大きな窓越しに判断する

不思議な事に日中が薄暗いままだと
もう帰宅したい 
そんな気持ちに駆られる
体もかったるく感じる
私自身が落ちつく場所で留まっていたい
そんな守りの体制に

そんな事で影響されるなんて…
笑う自分もいるが
今の私は細やかな体内ホルモンや環境に左右されている
私の体と感情
実感させられている
センシティブな状態
希望でない変化は辛く疲れるからね

世間はまだまだ引きこもった方が良い日々が続きそう
ずっと状態が良くなるまで
動物が冬眠する様に
いや今は夏に向かっているから 夏眠?
下らなさに疲労感を感じながなら
北側の大きな窓を眺める
小さなため息とともに


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


若い頃と違ってきたのは
老化によるものだけではない
意識の部分にも現れている

顕著なのは…
自分からするキス
相手からしてくれるのはとても嬉しい
でもね…自分からだと
躊躇する部分が出てきた

お互いに目の位置が一番近い
やっぱり感情的な部分によっては
私からのキスというは拷問に近いもの
これほどの苦痛もないだろうと思ってしまう
だから私は
「キスしてもいい?」と聞いてしまう
私だけど大丈夫?という感情からくるもの
今でいうところの同意確認

「いいよ」と言ってくれる
でも嫌とはまだ言われていないから
良いのかなぁと思ってしまう
「いいよ」と言ってくれた表情を見て安堵に包まれる

若い頃の私が見たら笑うだろう
何ビビっているのってね

様々な事に開き直れる部分も増えてきたにもかかわらず
この部分は退化している様にも感じる
体は触れ合っていても
唇は相手のことを思うとナーバス気味になってきた

一番近いからこそこの距離感
つかめている様でつかめていない感じがする
好きだからキスをしたいと思うし
でも嫌われたくもないとも思う
難しいね この距離感は


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


ある友人との会話
「貴方はよくハラスメントの巣窟の中にいるよね
 私だったら無理だわ やってられないわよ」と言われた
友人の言った通りだ
だけど私はこの社会しか知らない

「一歩外に出たら貴方のいる社会は一般的に通用しないわよ」
その通りだ
外の世界に出るには 私は歳を取りすぎている
でも無闇な我慢はもう嫌だ

周りには吹けば飛ぶようなプライドだけが高い人が多い
プライド維持のためだけで動く人が多い
全体を見れる人が少ない
個人主義の集まりだから
まとまるものもまとまらない
面倒なことは嫌だ したくない
利益だけは欲しい
剥き出しの欲望ばかりの羅列
自分の思い描いた通りにいかないと周りを責め立てる

時折見せる人を人と見ない言動
自分自身の目的の為ならいとわないのだろう
表情にも出ている
「犬だって忠誠心を持っているぞ」って言う始末
「犬だって相手を見て判断しているよ」と言う言葉を
グッと飲み込んだ

幼い子供の駄々っこだ
子供だとまだ見ていられるが
大人がね…見苦しいよ

大人になり損ねた集団
一般社会不適合集団 そう言った人もいた
正しいよね
でも羨ましく思う人もいる
希望してきて 現実とのギャップに悩む人
気づかずに過ごせる人

気づいてしまった若者には
まだ やり直せるが出来ることを教えてあげる
老婆心から

辞めていった人たちからの
小さな嫌がらせの置き土産
最後の抵抗
それすらも感じ取れない人たち
荒んでいる 私がいる偏った社会
今日もその片隅に私はいる


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


気だるい
その状態で目が覚めた
体は横たわったままで…
今日も夢見が悪かった
落ち着かない天候なども影響されているのだろう
体もかったるい状態が続いているから

嫌な記憶のカケラが出やすい
「嫌いじゃないよ
 好きと言うより ちょっと違うんだよね…」
そんなこと若い頃に言われたことがある
気遣われた表現

眼中にない
手っ取り早い表現だとそうなる
まだ気遣ってくれる人は良い人だ
無視する人が多いと思う

相手の顔などは忘れている
ただ言い知れぬ感情だけがカケラとして残っている
これらが朝を連れてきた

憂鬱だ
これから1日を始めなければならないの?
もう 終えたい気分


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


浅い夢が古い記憶のカケラを誘導した

ハグをすると小さな傷跡がある
そっとその部分に唇を寄せる
「嫌じゃないの?」と耳元に囁いてくる
「どうして? 私は好きよ」と言う
「少しケロイド状態だからさ」と彼が言う
「私には愛おしく感じるのだけど…」
「お前 変わってるなぁ」と笑っていた

しばらく経って
なぜ傷跡が愛おしく感じるのか聞かれたことがあった
「大袈裟だけど この傷があって今のあなたがいるからね
 そう思ってしまうと 愛おしく思えるの変かしら」

でもこれって好きな人たちには同じ様に感じる
だからつい触れてしまう
悪い部分やダメージからの回復した証
上手く表現できないのだが
ありがとう そんな近い感情と愛おしさが混じる


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


忙しさにかまけていた
気がつくと7月に入っていた

狭い部屋に何か違和感
カレンダーが6月のままだった
7月に合わせると眩しい青空が
実際は曇りでまだまだ梅雨時期

ずっと曇りばかりだったせいか
7月の場面が眩しくて仕方がない
このカレンダーの示す時期には
この青空なんだよなぁと思いながら
なぜかため息が出た
毎年のことなんだけど

変わっていくものもある
私自身
なかなか対応できにくくなってきた
季節の環境の変化に
時間がかかるようになってきた

おっくう気味になってしまう
拍車をかけるように
コロナ禍も否めない
でも今年は季節は変わらないだろうけど
社会的な部分は違っていくのだろう
昨日今日でまた変わってしまうのでないかと
不安がよぎる

様々なものがズレている
今年の夏
乗り越えられるのかなぁ

カレンダーは澄んだ青空なのに
私には澱んだものが残ったまま


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.