FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


しばらく前のこと
とある恋人同士と同席した
世代も近く話が事欠かなかった
また他の人も加わって話が盛り上がった

ちょっとした彼氏の言葉選びに彼女が怒った
「どうしてそんな表現するの 信じられない」
その場では真剣ではなく砕けた内容だった
でも彼女はその表現がとても許せないみたいだった
彼氏は本心ではないよと彼女に言い聞かせるが
彼女は剥れたまま

彼氏は隣にいた私に
「ごめんなさい 気分害したでしょ」と謝ってきた
「大丈夫よ 気にしないで」と私が答えると
「先に惚れた俺がいつも負けなんですよ」と苦笑いした
「どうして負けなの?」と聞くと
「いつも俺からは好きとか愛していると言葉にするが
 彼女はしない いつも主導権は彼女にある
 でもこの状態が嫌じゃないんですよ」と笑っていた

でも彼女の態度や仕草を見ていれば
彼氏のことが大好きというのは見ていてわかる
ただ言葉にしていないだけのように感じた

帰り道にふと気がついた
最初に好きになったらダメなの?
より早く相手の良いところを見つけて
好きになっただけなのに…
連戦連敗の敗者だ 私は…
今後一生 勝てる気が全くしない
苦笑いが止まらなくなった
情けなさが 後からついてきた


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


好きな香りを嗅ぐだけでも
心が落ち着いたり
癒されたりする
そういった時に私は香りを楽しんでいたが

あの方の話を聞いて楽しみ方が増えた
あの方は仕事を終えて会社を出た後にいつもの香りを纏う
「仕事モードとプライベートの切り替えとして
 1プッシュ といつものオーデトワレをね
 気分転換にいいよ 
 ◯◯◯さんもやってみるといいよ
 あっ 僕の使いかけだけどこれあげる」
私の腕に1プッシュ 吹きかけてくれた
そしていつものオーデトワレを頂いた

あっ いつもの香り
でもあの方由来のラストノートは感じられないのが残念
でも私の鼻腔から感じられるのは
あの方を示している

私も1日の仕事を終え
会社を出た時に1プッシュ
頂いたあの方の匂いを纏う
幸せな気分で帰宅できるようになった
今 私はプライベートな時間なんだよってね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


私には2つの名前がある
本名と通り名

通り名と言うほどの仰々しいなものではない
ただ私のサードプレイスでの私を示す名前で呼ばれる名前
「いっそのことなりたいキャラクターになってみるのもいいんじゃない?」
アドバイスをもらったが
どうやら不器用な私は出来ないみたいだ
いつも通りの私のまま
ただ呼び名が別にあるだけ
外猫が行った先々で呼ばれる名前が違うように

でも心と体が近い人には
嫌いな本名で呼ばれたい
なぜだろう…

長く呼ばれ続けた本名に
私自身のオリジナルが強くあるからなのかもしれない
不思議なものだね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2021 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
アラフィフ女性
人生を振り返り、終活活動を模索中。
独りよがりなことをつぶやいています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR