過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ある好きな人のブログを読んでいた
日々のあった事について記載されていた
言い方が悪いけど
普通の事が書かれていた

でも何かしっくりこない 心が…
じわじわと何かの感情が湧いてくる
なんなんだろう
自分でも直ぐにはわからなかった

もう一度読み直してみた
不可抗力で起きたことだったとはいえ
咄嗟に羨ましい
ずるい 私もしたかった!
という嫉妬心だった

自分でも驚いた
「あれ 私、嫉妬したんだ」 ってね
一人部屋の中で爆笑した

もちろん 昔は付き合っていた彼とかにも
ヤキモチは妬いたりしていましたよ
でも歳を取るごとに
虚しさだけが残ることを学んでしまったせいか
嫉妬するほどの人がそばにいなかったからか
または両方かも
忘れていた感情だった

まだ残っていたんだ
この感情!
嫉妬っというより羨ましさの方が強いかも
でも自分にあったことに驚いた

まだ人間らしいところあったんだね
ちょっとホッとした
この黄色いバラの花言葉の様な感情

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/241-70b696a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR