FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


続き

ちょうど料理が来た
「あっ 美味しそう!!
 冷めないうちに食べようよ!」
そう言って誤魔化した
彼もその誤魔化しに付き合ってくれていた

店を出て駅の近くの公園へ
秋だったので夜でも暑くも寒くもなかった
ベンチが空いていたのでそこに座った

「ねぇ さっきの続き教えて
 きっと周りに人がいたから言いたくなかったんでしょ
 今は俺しかいないよ」
そう言ってタバコに火をつけた
吐き出す煙は私がいない方向へ流れていった

「あのね  △△△△の隣にいるのが私でいいのかなぁってね
 周りのカップルの女の子たち 可愛くてスタイルもいいし…
 それに比べたら私って…と思ったの
 △△△△が我慢しているんじゃないかってね
 そう思ったら申し訳なくなった」 と言った
「ふぅ〜ん  そんなこと思っていたの
 俺ね 自分を我慢するほど良い人じゃないから
 もし見た目とか気にしているのなら大丈夫
 嫌だったら◯◯ちゃんの告白にNOの返事しているから」
「本当?」
「本当さ  嘘をつく必要性はないだろ
 でも話してくれてありがとう
 もっと◯◯ちゃんのこと知りたいから教えてね
 俺のことも知ってほしい」
「うん ありがとう」
「じゃぁ 俺は◯◯ちゃんのふくらはぎから足首までのラインが好き
 デートのときは必ずスカートでね 今日みたいな長さでお願い」
「ええっ」と笑った
「◯◯ちゃんは笑った顔も良いよ」と言ってタバコの火を足で消した
「嘘つき」と言ったら
「まだまだ わかってないなぁ」と大笑いされた

その後もいろいろ話をしている
その頃の私の日記には印象深かった この事を記していた
初めて異性に私という人物を受け入れられてもらえた
そんな日でもあった

忘れられない
そんな日だった
 

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/479-718f2603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR