FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


大好きな抹茶ラテを店内で楽しんでいた
店内は外の寒さも手伝って満席状態
時間帯や店舗の立地のせいか
若い人たちが多い
出来立てのラテの熱さに悪戦しつつ楽しんでいた

隣では若い女の子二人が話している
もう一人来るはずだった女の子のことを
どうやら彼氏の束縛がすごくて
友人とも会うのも大変らしい
「おかしいよねぇ」
「あの子 彼氏から君は特別なんだって言われているらしいよ」ってね

特別…
特別な存在だったら束縛してもいいのかと
ふと思ってしまった

確かに特別な存在は誰にもいるはず
それは様々な形の好きや愛する人たち
もちろん私にもいる

また特別な対応してくれると嬉しいよね
ちょっと大切にされている?
勘違いに近いかもしれないけど
嬉しいよね

きっと特別にしてくれることを独り占めしたい人が
束縛したいんだろうね  
私だけだよねってね
または私を特別にしてという期待なのかもしれない

「人の気持ちは見えないから不安だよね
 だから安心するために特別扱いされたい
 または束縛してしまうんだよね
 だから安心を相手に与えなさい」
若い時に言われたことがある

そんな懐かしい記憶のカケラが出てきた
このことを言ってくれた人は
この世にはもういない
特別な人の一人だった


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/498-cf6234b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR