FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


日中は暖かくなってきた
過ごしやすくなっている

でも日が落ちると
やっぱりひんやりとする
夜 街を歩いていると
男女問わず トレンチコートの人の姿を目にする

あっ この形のコート 懐かしい
一気にとても古い記憶のカケラが出てきた

当時付き合っていた人は
体が華奢で 当の本人はコンプレックスだった
だからあえてオーバーサイズのトレンチコートを愛用

一緒に歩いているときは
コートの袖口をよくつまんでいた
実家暮らし同士の二人
よく話し込むのは
夜の公園 ベンチに座ってが定番

春の夜は寒い
ちょっと冷えてくると
「クシュン」とくしゃみが出る
「寒い?」
「うん 少し」
そう言うと
着ていたコートから腕を脱ぎ
「おいで」
寄り添った二人の肩を覆うようにコートをかけてくれた
オーバーサイズだったからできたこと
いつものタバコの香りを纏っている
なんだか安心した

雨がぱらついてくると
傘代わりに私を守ってくれた

口ケンカして泣く私を
見知らぬ人たちからの視線もコートが守ってくれた

春と秋の限定のコート
短い時間だったけど…
思い出のカケラはいっぱい

今の私には守ってくれるコートがない
思い出してもずっと前からない
寂しさで 年をとった涙腺が緩んでくる
でもこの涙を隠してはくれない
耐えなきゃ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/559-8d04e11d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.