FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


季節のせいなのだろうか
それとも私が知らなかっただけなのか
知らずに目を閉じていただけなのか

私はずるい
自分が傷つかないように
勝手に目や耳や感じ取ったことを選択している
そして自分自身を守っている

その反対にそのことをあからさまにすることも
私の内なるハイド的存在が
しばらくぶりに出てきた

些細なことであって欲しいと感じたことがあった
でも内なるハイドが囁く
「とても重要なことだよ 
 お前が嫌いだから
 こういう態度をされるんだ 
 いい加減学習しろよ
 昔からそうだったこと思い出せ」って

万人に好かれたいとは思っていない
特に苦手な人には 好かれていなくてもいいが
でも傷つけられるのは嫌
もちろん 嫌いにはなって欲しくない人もいる

落差があればあるほど
辛さが増してくる
平気だよと 気丈に振舞おうと努めるが
すぐにへたってしまう
そこは体力と連携しているみたい
弱くなっている
気力に負けている

だから信号を待っている時
暖かい空気を切り裂いてきた車たちで出来た
流れに吸い込まれそうになる
「もう いいかって」
投げ遣りな感じに陥る
でもすぐに現実に引き戻される

だから没頭できるものを探しているのかも…
投げ遣りにならないように

それでも上手く表現できないが
何かに今 つまずいている感じがする
何? 
誰? 
何故?


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/575-37da6f21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.