FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


今宵も眠らない街を通る
一日中明るい

この明るさが人工的なものだけど
なぜか安心する
通り過ぎて行くものたちは
関わり合いがないが
一瞬でも様々なことを知らせてくれる

そう ここは混沌とした街
老いも若きも
男も女も その垣根さえもない自由さ
国籍も何もかも
ただただ 自由がここにはある

一見 楽しそうで溢れている
立って見える位置では
足元に視線を置くと
寂しさが蔓延っている

私自身にも寂しさがある
人それぞれに寂しさの種類は違うけど
何かしら足元に巻きついているように…
その寂しさを埋めるように
欲望的なものが渦巻いている

欲望的なものたち…
一時の安らぎと憂いなのかも
傍観している時は愉快に感じる
そんな不思議な感覚に取り憑かれる

この混沌した街を通り過ぎる
大通りを渡ると
そこから先は普通の街
安らぎを求めて帰る街
たった数メートルの差なんだけど

隔離? 隔絶? 幻想?
そんな感覚を背中に感じて
家へと戻る

現実の世界に…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/590-ce0334c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.