FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


ある場所で隣の席になった女性たち
共通の知り合いの男性について話していた
どうやらその男性に彼女ができたらしい
その男性はかっこいいらしい
彼女は綺麗ではないらしく
スタイルも良くはないらしい

「絵にならない二人だよねー ◯◯くん可哀想」
「でも ◯◯から告ったらしいよ」
「えぇー 女見る目ないよね」
「ブス好きだったんだね ◯◯くんは」
云々と言いたい放題だった

いいじゃない 誰が誰を好きになっても…
そう思っているから◯◯くんの御眼鏡に叶わなかったのかなぁ
そう思うと隣で一人 笑いを堪えていた

絵にならない二人
私も過去に言われた言葉だった…
記憶のカケラが出てきた

過去に付き合った彼は背が高く細っそり
私は背は普通だが丸っとした感じ
不釣り合いと言われればその通り

もちろん 当人同士は相手のことは承諾済み!?
不釣り合いだとか絵になるとか考えていなかった
ただ一緒にいることが良かったから
でも敢えて第三者に言われて凹んだことがあった

凹んでいる私に
「他人はどう思うと俺には関係ないから 気にするな」
そう言ってくれた
けれど私といることで相手の印象を変えてしまうのだと

そんな暗い影の部分
未だに残っている
評価されているということに…

私は誰とも絵にならないから…
だからあの時 
言いたかった言葉
言えずに黙って飲み込んだ
ささやかな言葉でさえも
未だに気にしている私
克服?
成長していない部分だね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/658-a71bb4f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.