FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


雨で寒い
こんな日は家の中で引きこもる

気だるい体をソファーに預けて
懐かしい曲たちに耳を傾けながら
思い出したかのように紅茶を含む
ぼうっとした時間だけが進む

流れる曲の歌詞と自分の経験が重なる
様々な過去の出来事があっての
今の私

特に辛かった部分の歌詞が
辛く悲しかった記憶のカケラを呼び寄せる

すぐ隣にいる
手で触れていても
体温は伝わるが
でもとてつもなく遠くにある感じ
壁がある感じ?
いや海を隔てたような感じ
相手の気持ちがここにないことを感じる

隣にいても虚しさに包まれる
今までの良かった記憶も
悲しい色に変わっていく
すぐそばにいるからなおさら
辛い

いっその事
視界に入らないところまで
逃げ出したくなった
けれど しなかった

二人はもう 
同じ空間にいても交わる事のない
ねじれの位置の状態に
その代わりに私は
さよならの準備


浅い眠りと記憶のカケラが混ざった時間
悲しさで目覚めた

もう訪れてほしくない
ねじれの位置
だからいつも触れて確認するけど
寂しさと溢れてくるものが…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/747-0fc7762d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.