FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


仕事のあと
寄り道しながら歩いていた
日は暮れて真っ暗に
街灯に照らされた黄色になった銀杏の木
明るさに温かみを与えてくれていた

信号待ちでスマフォに手にして
画面を見ていた
信号が青になったので
顔を上げて進もうとした

「なんだ ブスかよ チェッ」という男の人の声
私は周りを見渡すが
誰もいない…
私に投げられた言葉だった
言葉を投げかけた男の人はスタスタと歩き去って行った

私は自分自信がブスだと自覚している
言った男の人は
私が気づいていないとでも思っていたのだろうか
何を思って私に…
親切心?
理由がわからず
モヤモヤしてしまった

勘違いしているように見えるのかなぁ
ショーウィンドウの反射越しの自分を見る
私が見る限りではそんな風には思えないが
人が見たらそう思われるのかもしれない
そんなに痛い格好はしてはいないんだけどなぁ

大丈夫と私が思い込んでいるだけなのかもしれない
勘違いしているように思われているのかなぁ
後味が悪いまま帰宅した

あぁ 無意味な時間を過ごしてしまった…



良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/795-fa9b9de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.