FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


夜のお散歩
時間的には帰宅や夕飯を食べたりする頃合い
いつもの街には大勢の人たち

皆 目的地があって進んでいる
私みたいにふらふらとあてもなく歩いていない
あっち行ってみよう
こっち行ってみようとね
信号待ちでふと空を見上げた
雲が無い真っ暗な東京の夜空に
明るい満月
太陽からの光がそのまま月を照らし
その反射光が照らしてくれる

だけど この街はとても明るすぎる
だから意識いないと月の明るさは気付かない
そして 空を見上げている人などはいない
歩く目線より俯き加減の人ばかり

雑居ビルたちが月を隠していく
見やすいところまで歩くと
住宅地に来た
街灯も明るいが
月の明るさも感じられる
街の明かりが小さな色とりどりの模様になった

「とても今日の月が綺麗なの
 何処かで見てみてね」
とてもお節介な文を送ってしまった
ごめんね
だって とても月が綺麗だったから…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/827-68f21c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.