FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


先日 仕事帰りの車内でのこと
若い男性会社員たちの会話が聞こえてきてしまった

彼女が束縛してきて 困るんだと
自由になりたいんだぁ といっていた

ふ〜ん
話し方からすると
自由ではなく好き勝手にさせてくれよ と感じがあからさま
この男性の彼女に 同情しました

『自由』
いい言葉です 必要な言葉だと思います
人として 生きることに対して 重要だと思う

でもその反面の部分のリスクがあること
忘れられているんじゃないかなぁ
と思ってしまう

「完全な『自由』って大変だよね」と言ったことがあるが
やっぱり 変わってるね と言われる
私が考える完全な自由の最終形態は
仙人みたいな生活
誰にも干渉されず 自分だけて生きるということ
思考回路が違うみたい…私

私がいつも思う 『自由』 は選択できるということ
私たちは 社会という曖昧な環境にいる
ある意味規制や束縛の中にいるからこその選択できる自由
 

『甘い束縛』
束縛は自由の反対の言葉
個人としての尊厳を脅かすことが無く とても緩いもの
特に恋愛には必要なんじゃないかと思う

なんでこんなこと思うのか 記憶のカケラを探してみた

以前付合った彼氏の話
彼はいつも私に
「君のふくらはぎのラインが好き 
だからいつもスカートを履いていて欲しい」
今は見る影もないくらいに 崩れていますけどね(笑)
「なんなら一緒に買いに行こう!」って
本当に買いに行きました

私はスカートを履くということに対して抵抗はないので
そんなに喜んでくれるんだぁ程度
軽くて甘い束縛ですよね
二人にとっていい状態
でも喧嘩した時はあえて 彼の嫌いなジーンズを履く
遠回りな表現をする この選択が私にとっての自由
決して言いなりにはならないよ ってね(笑)

セックスもそうだと思う
完全な自由なセックスって想像もつかない
私の想像が飛び抜けているだけかも…
これも最終形態は野生化した性交と思ってしまう(笑)

ある意味 制約がある中で行われるからかもね
二人だけの秘め事だからね
秘め事の共有は恋愛に必須だと思う

『ブリザード クリスマス 3』で掲載した一部分
彼が私にした体への 甘い束縛 
後日 私から彼の体へ もうちょっと辛めの束縛しています
良いスパイスになりますよね
でもやり過ぎにご用心

今?
『お願い』という形で
軽い? 重い? 甘い? 辛い?
束縛してしまっているかも…
ごめんなさい

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/84-61c459e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR