FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


初夏の太陽が真上に向う途中
私は風の通る場所にいた
日向は眩しい光に覆われている
昨夜の雨で一掃されたからかもしれない

湿度もなく乾いている
でも寒くも暑くもない
心地良い風
時折強く吹く

私の髪が弄ばれているようだ
私の視界を邪魔して楽しむように
慌てて私は髪を束ねる
首元に心地良い風が触れていく

あぁ これが五月らしい
そう感じるひとときだった
今までは思いっきり深呼吸していた
今はマスク越しだけど…

早く今までに近い生活に戻れると良いなぁ
心地よさが急かしているようにも感じた


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/943-998397f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.