FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


誰でも歳を重ねると様々な経験値が増えてくる
良い意味で重ねると便利だったり
有り難られるとこも
でも偏ったり間違った方向の経験値が増えると
ただの老害

若い頃は年功序列や上下関係で虐げられ
何くそというハングリー精神という向上心は良いのだが
いつかは自分がその立場になったら…
理不尽の仕返しをするぞ
そんな順番を待っていた人が私の世代には多く感じる
残念ながら私の今の上司はそうだ

今は当たり前のことだと思うダイバーシティがやっと認められてきた
世論や風潮には逆らっても仕方がないと思っているらしい
不満に思うことが多々あるらしい
今を認めてしまうと今までの自分を否定せざるをえないからだろう
積み重なったものを変えることはできないらしい
そこでという言葉は
「今の若い人は…」
自分の価値観を変えられなくて世代で割り切る
他人事 別世界の人たちと位置付ける
そして自分自身を守っている

そのようなこと自分自身で思っていれば良いことなんだけど
同じような世代というカテゴリーに入れられる私
同じ価値観を強要させる
私は思っていないことに「はい」とは言わない
ただ黙ることしかできない
そうなると気にいる言葉を出させるために
評価が下がるとか一般常識ではないとか普通でないとか
働く者の権利を訴えることなど痴がましい
若い人や社会に言えない鬱憤を
同じ世代だから理解できるだろう
君も私と同じ考えだろうという卑しき暗黙の了解を押し付ける
ダイバーシティな行動や考えはしないはずだと…

ある程度 理不尽な言葉の羅列を言い放つと
一時的なストレスが解消されるのか
私にとっては苦痛な時間から解放される
このような人は私のいる閉鎖的な社会には多い
残念なことに声をあげても
社内でかき消されてしまう仕組みにもなっている

こんな状況だから若い人も育つのも育たない
老害
本当にその言葉そのものだ
歳を重ねすぎた私でもまだまだ老害に晒されている


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
http://hanayuki2017.jp/tb.php/985-c9bd730f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.