FC2ブログ
過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


体調が悪かったからかもしれない
悪夢に襲われた
古い過去にあった記憶のカケラが夢に…

私が高校生の頃
共学の学校だった
男女共ほぼ半数ずついる状態
たまたま私の後ろの席には
女子に人気のある男子生徒がいた

私はその男子生徒は異性として好きではなかった
その男子生徒も私を異性としては見ていなかった
ただ話は合っていた
共通の趣味があったから
「そういえばこれ知ってる?」
「えぇ 知らない」
「今度詳しく載っている雑誌貸すよ」
「やったー ありがとう」
と趣味の話をしていた
よくあるクラスメートとの会話

私が話していた相手が悪かった
様々な女子の敵を作っていた
その男子生徒のことが好きな女の子たちに
女子トイレに呼び出された
何? どうして?
腕組みした女子3人
彼女らからその男子生徒のこと好きなのかと聞かれた
好きではないというと
なぜ楽しそうに話しているのか?
共通趣味の話をしていただけだというと
「ブサイクのくせに あの人と話してるなんておかしい」と言われた
これ以上仲良く話をするなと言われた

えっ ブサイクは誰とでも話してはいけないの?
物凄く落ち込んだ
私という人が人ではないと言われたようだった
ブサイクなのは私のせいではない
遺伝子によるもの どうしようもない

これが原因かもしれない
女性に大人気な男性が苦手になった
そう私はブサイクだからね
思春期に植え付けられたものってなかなか拭いきれない
あの時の嫌だった気持ちが目覚めの悪さとなった

今もたまに思う 
まだブサイクの私
誰とでも話していいんだよね


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


大好きな抹茶ラテを店内で楽しんでいた
店内は外の寒さも手伝って満席状態
時間帯や店舗の立地のせいか
若い人たちが多い
出来立てのラテの熱さに悪戦しつつ楽しんでいた

隣では若い女の子二人が話している
もう一人来るはずだった女の子のことを
どうやら彼氏の束縛がすごくて
友人とも会うのも大変らしい
「おかしいよねぇ」
「あの子 彼氏から君は特別なんだって言われているらしいよ」ってね

特別…
特別な存在だったら束縛してもいいのかと
ふと思ってしまった

確かに特別な存在は誰にもいるはず
それは様々な形の好きや愛する人たち
もちろん私にもいる

また特別な対応してくれると嬉しいよね
ちょっと大切にされている?
勘違いに近いかもしれないけど
嬉しいよね

きっと特別にしてくれることを独り占めしたい人が
束縛したいんだろうね  
私だけだよねってね
または私を特別にしてという期待なのかもしれない

「人の気持ちは見えないから不安だよね
 だから安心するために特別扱いされたい
 または束縛してしまうんだよね
 だから安心を相手に与えなさい」
若い時に言われたことがある

そんな懐かしい記憶のカケラが出てきた
このことを言ってくれた人は
この世にはもういない
特別な人の一人だった


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


毎日 同じようなことをしている
そんな錯覚に陥ってしまう
全く同じ日などはないのだけど…
パターンに当てはめると同じ感じになってしまう

好きなことなら苦なく出来るのかもしれない
そこまでのポテンシャルが保てないと
つまらなく思えてしまう
わがままと言えばそうなるね

そう思いながら日々生活していると
無駄な時間を過ごしていると思ってしまう
でもこの時間があって
今を生きることができているのも現実

つまらなくて無駄な時間と感じていることを
少しでも好きに繋げようとするが
環境という要因が邪魔をする
とても難しい

私が生きているという時間が
つまらなくて無駄な時間に削り取られている
生きる糧というのと引き換えに
ますます虚しさに包まれてしまう
そんな日々の中にごくわずかな一時だけのために
生きているようになってきた

寂しいことなんだけど何もないよりはいいと思っている
日々の大半は相変わらずなんだけど
寂しさって慣れないね
もういい加減に慣れてもいいはずなのに…

発展性のないことを今日も思い巡らせながら
仕事に向かう
いつもの毎日というパターンのスタート

きっと明日も…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


私個人的な今年のバレンタインは終わってしまった
ここ最近は義理チョコはあげることはしていない
様々な意味での好きな人たちにしかあげていない
あげたい人のことを考える

今の私には告白という意味合いではなく
感謝に近い
『いつもありがとう
 嬉しいです 
 大好きだよ』って感じ

何かしらの形で共有した時間を一緒に
楽しいと感じさせてくれて
心地良いと想わせてくれる
嬉しいという気持ちが湧き出てくる
一時でも共感できればなお嬉しい
こういった感情を普通に感じられる自分
素直に嬉しい

だからこそ何かをしてあげたいと湧き出てくる
どうしてだろう?
決して私は優しい人ではない
自問自答する
好きな人たちの笑顔が見たい
どうやらそれを見ている私も笑顔になっているみたい

私のバレンタインはこの気持ちたちの再確認
そんな感じになっている
気持ちいや心がそんな状態だと
体も変化してきている
感受性が高まっているみたい
溢れてくるもの…
恥ずかしいに近い感覚
決して嫌ではなく嬉し恥ずかしって感じ
こういったことを素直に言えることも
久しぶりすぎて…嬉しい
ありがとう

気持ちをチョコに込めて…


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


見誤っていたのだろうか…
少しずつ自分のしたい事やなりたい事が
具体的になってきたので行動してみた

今までの経験から石橋を叩くように
確認したはずなのに…

思いもよらないほどの障壁が厚すぎた
とてもクリアだったせいなのか
障壁の状態がわからなかった
アクションと言う衝撃をした
これで大丈夫突破できると思っていた

甘かった…
起こしたアクションは透明な障壁に
ヒビを与えただけだった
そして ヒビが入った事で障壁の厚さを知った
そして愕然としてしまった
想像以上の頑丈さと厚さに…

見ていた憧れた先が
ヒビによって見えづらくなってしまった
曇ってしまった…
立ち直れないでいた

でもここ数日
ヒビが入ったってことは
打破できるかも…
諦めるのはやめようと少しだけど思えるように

でもあまりにものショックはまだ残っている


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2019 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR