過去の恋愛体験や思い、家族、終活、シャンパンなど、取り留めのない世迷言。


『ごめんね』
この言葉 無意識に言っている
回数も多く言っている
それも大切にしたいと思う人達に…

もちろん 詫びの気持ちもあるのだけど
加えて ありがとうの気持ちもあるんだよね

私がよく言ってしまうこと
「今日はごめんね」
翻訳すると
「今日はありがとう 嬉しいよ
 でも私のために申し訳ない気持ちでいっぱいなんだ」
という感情が入っているんだよね

素直じゃない? 
複雑な私の感情表現
不器用すぎる? 
言葉の選択
直したいけど
ふと出てしまう

どうすればいいんだろう
これだけ長い時間 
こじらせたままの私
解決が見つからない? 
いや あるんだけど
できない?
言えないんだ
慣れていないから
こじらせ者が 
思い悩んでいるだけ
進歩ができないんだ…

弱いから
逃げているから
嫌われたくないから
大切にしたいから
この言葉になってしまうのだろうね
『ごめんね』

成長していない
残念な私

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


本格的な夏の暑さが続いている
これからもしばらく続く
だって 夏だからね

暑さがこもる体 汗ばむ体 
体温調整のため
恒常性を保つためにも必要なこと
わかっているけど 不快だ

でも嫌ではない汗があることを知っている
あの人が私に触れるたびに帯びる熱さ
どうしてなんだろう

水面に落とされた小石によって起こる
波紋のように続いていく
熱さも同様に
意識と体がいい意味で分離されていく

意識では会うたびに不安が取り除かれていく
私のままでいることを受け入れてくれているから
安心感 それだけではない 
広い意味で好きだから 
好きでなければ心を開けない 私の場合はね
そして私のあらゆる感情を引き出してくれる
楽しい 
嬉しい 
心地いい
母性的なものも 
そして私は癒されている

体は感覚が鋭く 敏感になっているのが
恥ずかしいくらいにわかる
激しい運動しているわけではないのに
呼吸が乱れる
ただ触れているという
肌の接触現象なのに…
たわいもないことのはずなのに

癒されているのに
体はジム終わりのように汗だくに
相反する現象
我に戻ってから気がつく
意識と体の反応に驚く
こんな私がいることを

しばらくしてから
体の奥底にある鈍い熱さが…
この熱さは不思議なことに
感情を持っている
嬉しさ
寂しさ
色々な相反するものを持っている

そんな熱いものを私に与えて
あの人は去るの
次に会えるまで
この熱さが残る
ずるい男(ひと)

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


「暑いですね」という挨拶を
様々な人とするようになった
昼間の空も青く 
夏らしい色になっている
雲もそうだ 

でも何か足りない
十分すぎる暑さと
眩しい日差し
お昼を買いにちょっと近くまで出た
日傘をさしながら
日陰求めながら進む
やっぱり何かが足りない…

ふと 立派な木を見上げた
光合成でしっかりと栄養が満たされて
葉緑素によってしっかりとした緑の葉
夏らしいだけど やっぱり足りない
う〜ん

思い出した!
蝉の声だ!!
私のいる場所ではまだ鳴いていない
他はどうだかわからないけど…

そうか 足りないものはこれだった
人間のわがままなんだけど
ないと寂しい
ありすぎると うるさく感じてしまう
夏を感じるにはやっぱり必要だなぁ
と改めて感じた

もうすぐ鳴き始めるだろう
きっと うるさいなぁと思う自分がいるはず
今は欲しているのにね
やっぱり わがままだなぁ 私って

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


プール道具を持った小学生の子供達を見かけた
もうそんな時期なんだと
懐かしく思う

子育て最中は帰ってきたら
直ぐに水着・タオルを洗い
ビーチサンダルは水洗い
塩素の匂いと共にね

もっと記憶をさかのぼると
自分が小学生だった頃
それも低学年
プールの時間が楽しかった
冷やっとした水の中
体と水温の差で一瞬震える
でも水中の気持ち良さに甘えられる
心地よかった
繰り返しのバタ足の練習は嫌だったけどね

仰向けに水に浮かんでいると
空がいつもより大きく
そして近くに感じた
子供ながら 夏を感じていたのかもね

でも成長するに従って プールの時間が嫌になってくる
水着になるということが苦痛になってきた
自分の体のコンプレックスがあらわになるからだ
そして単位のためという 縛りが出てくることも…
単純に楽しめなくなった

大人になってからは 様々なしがらみからは解放されたが
子供の時ほど はしゃぐことはできなかった
そして日焼けすることの疲労感が出てきた

あんなに泳ぐこと好きだったのに
もう 純粋に楽しめたはずだったもの
1つ無くしてしまっている
とても寂しいこと
もう 戻らない…

良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


私の嫌いな価値観を持った人
職場に多いがその中でも特に嫌な人
その人の話を聞かなければならない
憂鬱だ

世代的にも私より上の世代
今の地位にいることを成功として自負している
世間からもそう思われる
確かにすごいよ 
でもひけらかす程のものではないと思う
その部分が嫌い
これでもかっていう感じが嫌

でもそれは会社内での話
一歩外に出れば
言い方悪いけど ただのおじさん
ちょっといいスーツを着たおじさんにしか見えない
そう定年までの間の話だよね

その人のことを知っている人はチヤホヤするだろうけど
知らない人は何もしない 
当たり前だけどね

一度いい地位を手にしてしまうと
必要以上に保守的になる
まるで今までの実績は自分一人で行なってきたってね
周りからの協力あったことを全て忘れて
そんな人に誰がついてくるだろう
小判鮫しかいないだろう
危なくなったら手のひら返されるだけなのにね
その中で今日も優雅に立ち振る舞う
立場の下の人に対して横柄に
意味のないプライドだけが成長している
そのプライドを守るためなのか

最近は男性だけではなく女性も上昇志向の結果
多くなっている
実績があるのは尊敬に値する
でも皆多かれ少なかれ横柄になる
如何なものか

会社出れば ただの人なのにね
いつもこう感じると
裸の王様が頭の中を駆け巡る

今日はなぜか人が多いところにいて
ホッとした
疲れているのかなぁ


良かったら下記のボタン
どれか押してくれると嬉しいです

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 秘密の恋愛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 疑似恋愛・恋人気分へ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 忘れられない恋愛へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 記憶のカケラとシャンパンと all rights reserved.
プロフィール

hanayuki2017

Author:hanayuki2017
40代女性
人生を振り返り、残された時間の使い道を模索中。
一部分でも共感してくれるといいなぁ。
コメントもらえると嬉しいです。

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR